ホーム>浦東情報

新型肺炎に関する上海市内の交通規制について

上海浦東 2020-03-18

新型コロナウイルス感染症への対応のため、当館管轄区域においても各種の交通規制が行われています。日本人の皆様がお住まいの地域を中心に、各地における規制の概要を参考までにまとめました。

各種規制は、その時々の状況に応じて変動があり、列車やバスの本数などについても頻繁に変化があるようです。最新の情報を調べる際には、スマートフォンの地図アプリ等や末尾に記しました公的機関HPも参照していただければと思います。なお、アプリ上で表示する「健康コード」の導入が各地で進んでおり、公共・商業施設への立ち入りの際に提示が求められる場合がありますのでご留意下さい。

(1)航空路線

日本への直行便は本数が減っていますが、東京(成田)や関空行きが運航しています。空港へは、地下鉄、タクシー、自家用車でアクセスできます。

(2)高速鉄道

本数は減っていましたが、再開に向けた動きが進んでいます。また、多くの駅で市外からの旅客に対して、個人の健康情報の登録が求められるようです。

(3)高速道路

体温測定等の検疫のため通過に時間がかかることはありますが、利用可能です。上海市と各省との出入りにおいては、検問をはじめとする車両通行制限などの規制があります。上海市内における固定的な住居や勤務先、あるいは旅券や航空券などを有していない場合は、市内に立ち入らないことを強く求められている模様です。

(4)市内交通

地下鉄、バス、タクシーや配車サービスは、概ね利用可能です。ただし、2月17日以降、上海市内のタクシーは上海市外への輸送サービスを停止しているようです。また、2月22日以降、地下鉄2、5、7、8、16号線の最終電車の出発時刻が早くなっていますので、ご注意ください。3月2日以降、一部地下鉄駅では、朝の通勤時間帯に乗客が集中しないよう入場制限を設ける等の措置を講じているようです。(2月28日以降、地下鉄に乗車した際はQRコードをスキャンし、携帯番号を登録することが求められているようです。また、3月2日以降、一部市内バスでも同様のことが求められているようです。)

(5)公的機関HP

上海市交通委員会 http://jtw.sh.gov.cn/index.html

上海市道路交通ネットワーク http://www.jtcx.sh.cn/

「新型コロナウイルス感染症に関する当館管轄区域内の交通規制について」(外務省)(https://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/00_001008.html#a)を加工して作成

0