中国(上海)自由貿易試験区の概況について

 

浦東ネットニュース10月1日:

 9月29日、中国(上海)自由貿易試験区(以下、「自由貿易試験区」、或は「FTZ」と略称)は正式に設立した。自由貿易区の管理委員会は外高橋保税区内にある。設立の当日から、自由貿易区の総合サービスヒールはオープンし、国慶節の連休にも休暇せず、オープンする。

  上海浦東新区には、1990年に外高橋保税区を設立した。貨物は保税区の中でで保税状態で展示、加工、組合ができる。23年後、上海自由貿易試験区の設立では、保税区をもとにしてグレートアップし、貨物貿易の自由化のもとで、サービス業の開放を導入した。

 下記は、上海のマスメディア(新聞晨報)の自由貿易試験区における質問の答えです。

一.概況

1.保税区がすでにある。なぜ自由貿易区を改めで作るか
答え:保税区では貨物の自由貿易に有利ですが、自由貿易区ではさらにサービス業の対外開放を強化する。(上海)自由貿易試験区は今後中国の特区などの特別区域の発展方向に参考と指導的な役割を果たす。

2.中国(上海)自由貿易試験区の英語名称とその意味。
答え:China(Shanghai) Pilot Free Trade Zone (略称:FTZ)
上海FTZは、中国が国際貿易のコストダウン、対外貿易と国際投資の発展を促進し、自国に域内の特定地域で税関保税、免税など特別管理を実施するパークです。
上海FTZは中日韓自由貿易区(FTA、 Free Trade Area)と比較すると、国際間ではなく、自国内で自由貿易政策を実施すること。

3.上海自由貿易試験区はどこにある。大きさは。
答え:自由貿易区は従来の外高橋保税区、外高橋保税物流園区、洋山保税港区、浦東国際空港保税区を合わせる地域です。
  FTZの面積は、28.78平方キロメートル。 (参考:マカオの面積は29.9平方キロメートル)


4.上海自由貿易試験区の任務。
答え:任務は以下を含む。政府職能の転換を加速し、投資分野の開放を拡大し、貿易発展方法の転換を推進し、金融分野の開放とイノベーションを深め、法制面での制度保障を完全化する。

二.行政管理関係

5.「マイナスリスト」(中国語:「負面清単」)以外の分野について、国内資本と外資が一致の原則に従い、外商投資項目について許可制(中国語:「核準制」)から届登録制(中国語:「備案制」)に変わる(国務院の国内投資項目について許可制の保留項目を除外する)。これまでに、多くの外資企業の設立、合併などが行政審査機関に報告し、許認可を受けることに対し、自由貿易試験区では《中華人民共和国外資企業法》、《中華人民共和国中外合資経営企業法》と《中華人民共和国中外合作経営企業法》の実施を暫定的に調整し、行政許認可制度を一時停止することで、届登録管理に変わる。即ち、外資企業設立の批准書を必要なく、直接に工商行政管理局に登録して企業設立ができること。

6.「負面清単」管理について
答え:「ネガティブリスト管理」(中国語:「負面清単」という)のことです。すなわち、ネガティブリストに載せたことを除き、すべての業務内容ができるとともに、行政機関の事前許認可を必要なくとする。

  9月30日、上海市人民政府は2013年版の「「ネガティブリスト」(中国名:《中国(上海)自由貿易試験区外商投資準入特別管理施策(負面清単)(2013年)》)を公表した。「ネガティブリスト」では18産業分野の分類、89項大類別、419項中類別、1069項小類別に関与して、合計190条の管理施策がある。1069項の産業小類別に対し、約17.8%が特別管理施策を取入れた。

7.自由貿易試験区で「一線」と「二線」管理とは。
答え:「一線完全オープン」、「二線安全且つ高い効率で管理」のこと。
「一線完全オープン」とは、企業が輸入マニフェストを持って貨物をそのまま試験区内に持込むことができる。あとで輸入貨物届登録リストを持って主管の税関に申告すること。オープンとは、輸出入の届登録リストを簡略化し、国際トランジット、コンテナ詰替えとディストリビューションなどの業務の手続きを便利かする。「輸入検疫を実施し、輸出入の商品検査を適当に緩和する」管理方式を実施する。

  「二線安全且つ高い効率で管理」とは、自由貿易試験区と国内の出入口で管理をアップし、電子情報のネットワークを強化し、輸出入リストの対照、帳簿管理、税関出入口の実物確認、リスク分析などを通して管理を強化することで、二線管理の方式と一線管理をジョイントして、「進出便利、品質の安全リスクを厳しく管理」の検疫検査の管理方式を実行する。

8.FTZで準入前の国民待遇を与える
答え:国際投資法規の中で、国民待遇の意味は外国投資者及び投資に与える待遇が相似の状況に自国投資者及び投資に与える待遇に下回らないことです。
伝統投資協定に採用の管理方式の中で、国民待遇は投資が成立つ後の段階に適用する。準入前の国民待遇は国民待遇を、投資発生と投資成立つ前の段階に伸ばすこと。

9.FTZで競争中性原則に従い
答え:公平競争、法人或は個人は、ビジネス活動の中において平等です。

三.サービス業開放の内容

10.FTZでサービス業の開放が、どんな内容がある。
答え:上海自由貿易試験区では、サービス業開放の第一段階は、金融、運輸、商業貿易、専門サービス、文化、社会の六大分野を選んだ。
 六大サービス業分野で、合計18項の開放施策を公表した

11.専門サービス業とは
答え:専業サービスのこと。今回開放された専業サービスの分野は、弁護士サービス、クレジット調査、旅行社、人材仲介サービス、投資管理などです。

四.FTZでの金融開放の内容

12.FTZで金融のイノベーションの内容
答え:《中国(上海)自由貿易試験区総体方案》(国務院より発表)の中で、金融分野のイノベーションについて、「リスクのコントロールが可能とする前提で、試験区内で人民元資本項目について為替両替、金融市場の為替率の市場化、人民元クロースボーダーの利用などの方面で条件を創出して先行テストすることができる。金融サービス業で条件に符合する民営資本と外資金融機構に全面的に開放し、試験区内で外資銀行と中外合資銀行の設立を支援する。金融市場が試験区内で国際市場に向かう取引のプラットフォームを作ることを奨励する。海外企業が商品の先物取引を業務とすることを徐々に許可する。金融市場商品のイノベーションを奨励する」などの内容がある。

13.人民元資本項目の為替両替が可能
答え:資本項目の為替両替が可能とは、任意資本の投資(国内の資本市場に投資か、或は国外の資本市場に投資か、関係なく)は、自由に当該国の貨幣資本に為替できること。現時点に、中国では経常項目の為替両替のみです。例えば、海外旅行のため、銀行で外貨を購入することができる(年間に額の限定がある)が、人民元を米ドルに両替して海外て株を購入する目的に対し、銀行が手続きをやってくれない。

14.銀行レート市場化とは
答え:FTZで銀行レートを市場化する。
現在、中国の預金金利が中央銀行(中国人民銀行)に設定された基準レートをベースにして、各銀行が高くても10%の上限で上向きする。各期限のレートについて、あくまでも中央銀行に規定される。レートの市場化は、各期限の預金利率の中央銀行の基準レートを取消し、市場が自ら決定することです。例えば、アメリカでは、オーバーナイトレートがFRBに決定されることを除き、其の他のすべての期限レートは債権市場などの市場価格で決定される。

15.オフショア金融ができる
答え:FTZではオフショア金融ができる。
オフショア金融とは、金融機構が非住民の資金を吸収して、非住民にサービスする金融活動を指す。一般的には、国内金融市場と隔離の状態を作って、非住民が資金募集と資金の運用について国の税収と外貨管理及び国内金融法規の影響を受けず、自由に取引ができる市場運営の方法です。オフショア金融市場は自国経済に何も不利な影響がなく、逆に税収、就業、不動産と関連産業の発展をもたらすメリットがある。

16.FTZで融資リースができる
答え:融資リースのメリットは、大型設備の購入における高額な税金を避け、また現金の圧力を避けること。
たとえば、飛行機、船舶、高額設備のリースに、融資で導入することができる。融資リース会社のFTZでの設立運営がこれからブームになる。

                 (情報:新聞晨報 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)