上海自貿区「金融改革4.0」が人民元資本項目の兌換可を注目

 

浦東ネットニュース11月2日:

 10月29日、中国人民現行など六部委と上海市政府は共同で《中国(上海)自由貿易試験区で金融開放革新のパイロットを更に推進し、上海国際金融センターの建設を加速する方案》を公表した。これで、自貿区金融改革と開放、人民元資本項目の兌換可能と人民元の国際化は加速される見込みです。

  方案は下記を提出した。自由貿易区内で人民元資本項目の兌換可能の先行パイロットを行い、自由貿易口座の機能を更に拡大し、合格な境内(国内)個人投資者による海外投資のパイロットのスタートを研究し、条件に合致する機構と個人が国内外に証券、先物取引市場での投資を許可し、或は拡大すること。これらの提案は、注目されたQDII2が間もなく規制緩和されることを意味する。通俗な話に変わると、条件に合致する個人が自由貿易口座を開設して、直接に海外資本市場のアップル、或はアリババの株を買うことが可能となる。

  方案の最も注目されることは、個人と機構を問わず、人民元自由兌換の歩みが明らかに加速し、クロースボーダー投資融資の利便性が大幅にアップされる。これまでに、中国住民が一人当たりの年間外貨兌換の上限が5万米ドル、方案は個人の兌換額を更に拡大することを統括で研究する。企業にとって、今後には自貿区内で非金融企業の上限額内で兌換可能を実現し、経常項目下などを区別されない。方案はまた、ステップバイステップで人民元と外貨お兌換額の限定を拡大し、いち早く兌換可能の実現を提出した。

  今回の金融改革のもう一つの注目点は、上海自貿区を圧力のテスト場として、中国金融開放が全面的にスピードアップし、波及効果が更に明らかです。方案は下記を提出した。金融サービス業の対内対外の開放を次第に拡大して、銀行、証券、保険、基金、先物取引、株権利投資、更に非標識資産の取引プラットフォームまでに全面的にカバーする。機構の設置、参入条件、株権利比率などの面での参入基準を大幅に降下し、さらに多くの業態、多くの種類の金融機構は自由貿易区に進出して、大きい活力とイノベーションをもたらした。

  例えば、外資金融機構が自貿区内で合資の証券会社を設立することを許可され、外資の持ち株比率が49%を超えず、内資株主が証券会社じゃなくてもいい、合資の証券会社の業務範囲を拡大される。また、条件に合致する外資機構が自貿区内で合資の証券投資コンサルティング会社の設立を許可される。

  下記も方案は支持する高度な注目の内容だ。中国外貨交易中心が国際金融資産交易プラットフォームを建設すること。上海金交易所の国際業務プラットフォームの建設。上海証券交易所が自貿区で国際金融資産交易プラットフォームを建設すること。上海先物取引所が国際エネルーギ交易中心の建設を加速して、原油先物取引をなるべく早く上場する。上海保険交易所の設立。上海清算所が自貿区内と海外投資者に港運金融と大口商品の場外デリバティブ商品の清算などのサービスを提供すること。

 

(報道まとめ:外聯発コンサルティング 日本語編集:杜軍)

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)