国務院が上海などの地方で服務貿易発展パイロットを行う決定

 

浦東ネットニュース2月22日:

 国務院総理李克強は2月14日国務院常務会議を主催して、貿易構造の転換を推進しサービス業の競争力を増強するため、サービス貿易のイノベーション発展のパイロットを行うことを決定した。

  会議では、開放拡大は経済発展とレベルアップを促進する重要な施策と認識した。現時点の複雑且つ厳しい国際経済情勢の中で、対外開放水準が更に堅持し、拡大すべきです。貨物貿易を促進するとともに、サービス貿易の発展を加速することは対外貿易の構造改良を推進し、経済の新しい動力を育成し、就業を引上げすることができる。会議では、2年間をかけて、天津市、上海市、海南省、深セン市、杭州市、武漢市、広州市、成都市、蘇州市、威海市の10省市とハルピン、江北、両江、貴安、西咸など5つの国家級開発区でサービス貿易のイノベーション発展のパイロットを行い、サービス貿易の管理体制、発展モデル、利便化など8大方面の制度整備について重点的に探索して、サービス業の進入基準を順調に拡大する。

  そのため、関連政策のサポートを拡大する必要がある。

一、パイロット地区で技術先端型サービス企業の税収優遇を拡大し、政策を受けられる企業の範囲をハイテク、高い付加価値のその他のサービス業分野に拡大市、15%の企業所得税の優遇条件を与え、且つ社員の教育経費が給与総額の8%を超えない部分を納税前に控除する。

二、サービス貿易イノベーション発展導引基金を設けて、パイロット地区の中小サービス企業に融資支援を提供する。パイロット地区で国内が必要な研究設計、省エネ環境保護と環境サービスの輸入に利子の財政補助を提供する。

三、金融機構のサプライチェーン融資などの業務を奨励し、パイロット地区の認定済み技術先進型サービス企業にサービスのアウトソーシングの保税管理を全面的に実施する。

 

(報道:上海商務 日本語編集:杜軍)

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)