上海市長:G20の透徹した見解を吸収し、自貿区発展を推進

 

浦東ネットニュース3月1日:

  二十国集団(G20)財務大臣と中央銀行総裁サミットは2月26日―27日に上海で開催された。上海市長楊雄は同サミットのG20構造性改革高級フォーラムで挨拶した際、構造性改革を推進することが世界各国が経済成長の緩めに対応する重要な内容で、G20が構造性改革の論議は世界経済が更にバンランスを取れて、持続発展と供給体制がグローバル経済に対してバランスと取れ、持続発展可能において重要な意義をもつと説明した。

  楊雄市長は、この前に上海市政府が討論したイノベーションによる改革を駆動することと同様、我々が当面に供給側の構造性問題を直面しており、経済構造の改善を主要方向として、実体経済を発展し、供給体系の質と効率を次第に強化すると表明した。

  楊市長は更に、自由貿易試験区の改革を推進することにより、政府職能の改革を加速し、更に市場活力を釈放し、科学技術のイノベーションを具体的な行動として、経済発展の新しい動力を更に激発する。上海が今回G20の透徹な見解を吸収して、上海の構造性改革を推進していくと重点的に説明した。

 

(報道:国際金融報 外高橋保税区外聯発が整理、 日本語編集:杜軍)

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)