上海地下鉄今後5年間建設企画図が発表、261q建設(図)

 

浦東ネットニュース3月7日:

 2015年末に11号線、12号線、13号線の新しい路線部分の開通に従い、上海都市地下鉄基本網は全面的に完成し、地下鉄網の運営路線が全長617qに達し、駅数が366個(地下鉄駅が364個、リニアモーターの駅が2個)、うち乗換駅が51個がある。

  このほど、上海レール交通建設指揮部からの発表によると、新しい段階の建設企画に従い、2016年―2020年(第十三次五カ年計画)の5年間の建設によって、2020年に上海地下鉄交通網の総運行距離が800qを超え、500カ所以上の駅数の莫大なレール交通網を形成する。今年から216qの路線は全面建設開始して、下記10本の路線を及ぶ。

  5号線延長部分、8号線第三期、9号線第三期東延長部分、10号線第二期、13号線第二期、13号線第三期、14号線、15号線、17号線、18号線第一期。

5年建設企画

5号線延長部分

8号線延長部分

9号線第三期

10号線第二期

13号線第二期

14号線

15号線

17号線

18号線

 

 

(発表:上海発布 日本語編集:杜軍)

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)