財政部が越境eコマース小売り輸入税収政策における通知

 

浦東ネットニュース3月30日:

  公平競争の市場環境を作り、越境eコマース小売り向け輸入の健康的な発展を促進するため、このほど、財政部は越境eコマース小売り輸入における税収政策の通知を発布した。通知は4月8日より実施する。下記は、外聯発がまとめた越境eコマース小売り(企業が消費者に売ること、B2C)の輸入税収政策の関連事項です。

一.越境eコマース小売り輸入商品は貨物の取扱で関税と輸入環節増値税、消費税を徴収する。越境eコマース小売り輸入商品を購入する個人は納税義務人とする。実際の取引価格(貨物小売り価格、物流費と保険費を含む)は課税価格とする。eコマース企業、eコマース取引プラットフォーム企業、或は物流企業は代行で税金回収、代行で税金支払いの義務人とする。

二.越境eコマース小売り輸入税収政策は他の国或は地区から輸入、《越境eコマース小売り輸入商品リスト》の範囲内の以下の商品に適用する。

  (一)税関とネットワークするeコマース取引プラットフォームを通すすべての取引で、取引、決済、物流の電子情報「三単」と対照できる越境eコマース小売り輸入商品です。

  (二)税関とネットワークするeコマース取引プラットフォームを通してない取引ですが、宅急便、郵政企業が取引、決済、物流などの電子情報を統一的に提供ができる、且つ関連の法律責任を負う輸入の越境eコマース小売り輸入商品です。
越境eコマース小売り輸入の個人物品及び取引、決済、物流などの電子情報を提供できない越境eコマース小売り輸入商品を属しない商品について、在来の規定に従って執行すること。

三.越境eコマース小売り輸入商品の一回の取引限定額が人民元2000元とし、個人年度取引限定額が20000元とする。限定額以内の輸入越境eコマース小売り商品について勧説の税率は暫定で0%とする。輸入環節増値税、消費税について免税額を取消し、暫定で納税すべて金額の70%で徴収する。一回の限定額を超過、累加で個人年度限定額を超える毎回の取引額、及び納税価格が2000元の限定額を超える単一の分割ができない商品について、すべて一般貿易方式に基づいて全額徴税とする。

四.越境eコマース小売り輸入商品が税関通過日から30日間以内に返品する場合は、税還付の申請ができる。且つ個人年度の取引総額をそれなりに調整する。

五.越境eコマース小売り輸入商品の購買人(注文人)の身元情報について認証しなければならない。認証されない場合、購買人(注文人)の身元情報は支払人と一致しなければならない。

六.《越境eコマース小売り輸入商品リスト》は財政部と関連部門により別途で公報する。

 

(財政部発表、 UDC編集、 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)