国務院が上海科創中心の建設推進の新しい施策を実施

 

浦東ネットニュース4月5日:

 国務院李克強総理は3月30日に国務院常務会議を主催し、上海科創中心(上海科学技術イノベーションセンターの建設は、現在及び今後数年の上海市一番の発展目標です。)の建設に以下の要求を決定した。

1.新しモデルを採用、3年間をかけて上海でイノベーションの改革パイロットを全面的に推進し、総合性の国家科学センターを建設し、創業とイノベーションを奨励するトータル的な税制優遇、投資と融資連携などの金融サービス方法の革新、株権利委託取引市場、新型産業技術の研究開発の組織、外資ベンチャーキャピタル管理の簡略化などの先行パイロットを実施する。また、キーポイントになる共同性技術のクリアを実施し、「ネック」になる重大な戦略プロジェクトを解決して、改革のメリットを持続的に釈放する。

2.現有の11カ所の国家自主イノベーションモデル区のほか、新たに河南鄭洛新、山東半島、遼寧瀋大の3カ所の国家自主イノベーションモデル区を新規設立する。

3.会議で《成都重慶都市群発展企画》をクリアした。

 会議では下記を指摘した。イノベーション発展を促進することは、構造性改革、特に供給側構造性改革を推進し、イノベーションによる駆動する発展戦略の実施、大衆創業、万衆イノベーション、新経済の発展、新機能の育成、改造により伝統産業を向上するキーになる行動です。先行パイロット、重点突破で進めて、成長の新しいスポットと発展の新しい有利性を形成する。

 

(中国上海が報道 編集:UDC 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)