中国第一摩天楼「上海中心」が一部オープンと発表(写真)

 

浦東ネットニュース4月28日:

  8年間の建設を経て、世界第二高いビル、中国一高いビルの「上海中心」 (地上高さ:632m)は4月27日に一部テストオープンを発表した。

  第一弾の公衆にオープンする場所は、地上5階のスカートビル(商業施設、会議センターなど)、地下1階の展示ホールを含む。また、「上海中心」はタワーの西側に一面の名誉壁を設けて、建設関係者に敬意を表す。

  上海金融サービス業の重要なキャリアの一つと陸家嘴中核エリアに超高層ビルの最後の作品として、「上海中心」はオフィス、ホテル、コンベンション、商業、観光などの機能を一身にする縦型都市です。同時に、「上海中心」は陸家嘴地区のシンボルで、都市空間の完璧化、上海金融センターのグレートアップの綜合機能、現代サービス業の集積などの面で重要な役割を果たす。

 

(上海発布の報道より 一部写真:沈良 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)