日本戦略特区の建設が上海自貿区の発展における啓示(一)

 

浦東ネットニュース5月25日:

 このほど開催された《第一回UDCシンクタンクの高級フォーラム》で、陳建博士(上海社会科学院部門経済研究院イノベーション経済研究室主任、経済学博士)は《日本戦略特区の建設が上海自貿区の発展における啓示》の研究報告を発表した。下記はUDC(外聯発コンサルティング有限公司)がまとめた報告の主要内容です(二回分けて翻訳し、登載する)。

一.報告の中心的な観点

1.ビッグデータの時代に、産業データの深く分析は金の鉱山を発掘のようで重要な価値がある。上海自由貿易試験区(下記、「自貿区」と称す)の企業運行の問題について専門の分析報告を作り、典型案例について詳細な分析を行うことを提案する。

2.日本の7つの戦略特区を軽視できない。上海自貿区の建設と日本戦略特区のドッキングを促進する必要があるので、今後上海自貿区の産業誘致の重点は医療技術、医療機器、予防医療、健康食品、新エネルギー、ロボットなどです。

3.日本戦略特区の制度上の突破と多地域を跨る協同能力について、上海自貿区は参考と勉強すべきです。

4.日本の実例を参考して、上海自貿区は「プロジェクト+制度+政策」の発展モードを推進すべき、プロジェクトによる政策を作り、制度的イノベーションを推進する。

二.日本戦略特区の状況

  日本戦略特区の建設は日本の経済発展の重要な一環と位置付けられている。産業定位、サービス空間の形態、発展モードなどの面で分析すると、軽視できないと実感している。

  日本戦略特区の地域分布は非常に広く、北海道から九州までに延ばして、東京都市圏をカバーし、日本の代表的な科学技術中心である筑波、名古屋航空宇宙産業集積地帯なども含めて、合計で7つの特別産業区を設けられた。

 

戦略特区名称

産業構成と目標

北海道食品国際戦略綜合特区

発展目標はオランダと匹敵できる世界級食品輸出拠点を建設する。

筑波国際戦略特区

産業構成は健康産業、ローカーボン(低炭素)、ガン治療産業などを含む

アジア本部経済特区

東京都に立地、情報産業、医療化学、精密機器、金融証券、創意産業などがメイン

臨海生命科学イノベーション国際戦略特区

新薬開発、中小型生命科学の技術開発型企業の集積

アジア第一航空宇宙産業特区

愛知県名古屋市を中心として、研究開発、設計、飛行試験、生産販売、メンテナンスを一貫性とする航空と宇宙産業の特区を作り上げる。発展目標は2%の国際市場のシェアを持つこと。

関西イノベーション国際戦略綜合特区

日本政府が重点的に支援する産業特区で、大量な政府のイノベーション政策を集まる。

グリーンアジア国際戦略綜合特区

主な拠点は福岡市です。ここではアジア大陸に最も近い重要な進出拠点と踏板です。

 

 

(UCDサイト報道 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)