日本戦略特区の建設が上海自貿区の発展における啓示(二)

 

浦東ネットニュース5月26日:

日本戦略特区の建設が上海自貿区の建設における啓示(一)


三.日本戦略特区の建設の中に、下記いくつのやり方は上海自貿区にとって参考できる。
1.日本戦略特区の制度上の突破:

   (1)法規の枠内に制度上の突破。例えば、道路輸送車両の政策、国有財産が無償でイノベーション企業に譲渡する政策など。
  (2)財政補助と利子補助の制度。
  (3)税収控除制度。
  (4)国家と地方の協議会の協商によって、元の政策的な制限を突破する。例えば、日本国家級の電子通関技術がまだ成立ってないうちに、医薬材料の輸入通関について、通常には薬品管理証明書、輸出入申請書などの紙状書類の提出を必要とされる。いま、通関時間を短縮するため、特に関西地区で、臨床試験の研究、企業内部のサンプル、社員トレーニングの展示サンプル、日本にまだ認可されてない医薬品などの物資の通関に必要な商品検査証明書類について、輸入商社はインターネットを通して特区の関係機関に申請を提出すれば通関ができる。筑波国際戦略特区に中でも政策の突破があり、例えば薬師法と事後評価制度など。

2.次には、日本の七つの国家戦略特区の重点産業は民衆の生活分野に集中していること。これは、上海自貿区の「三つの経済、一つの製造」戦略(プラットフォーム経済、緑色経済、健康経済、智能製造)の発展目標に一致している。今後、上海の投資誘致の重点は医療技術、医療機器、予防医療、健康食品、新エネルギー、ロボットなどに集積することを提案する。

3.更に、日本戦略特区の地域を跨る協調能力は強い。日本の七つの戦略特区のうち、六つは複数の市の地域を跨る。特に航空宇宙産業特区は、5つの県で合計43の市をカバーする。これと比べて、上海の航空産業分区はかなり狭いです。長江デルタ地域の連結性の企画は日本の航空宇宙産業特区を参考して、行政区域の限界を破るべきだ。

 日本の実例を参考して、上海自貿区は「プロジェクト+制度+政策」のモードの発展を押進めるべきだ。いま自貿区が必要となるのは国家レベルの先行パイロットの政策です。日本戦略特区の実例の研究価値が、技術、産業、業態のイノベーション及びサービスモードの革新だけではなく、最も重要な参考は制度、政策及び供給モードのイノベーションです。プロジェクトを中心にして、日本戦略特区の発展企画はもっと実行しやすい。プロジェクトにより必要な政策の策定もやり方は、制度と政策のイノベーションがもっと適合性を持たせる。プロジェクトと制度が制度がバンドルされ、プロジェクトを外して制度のイノベーションが無駄な話しに過ぎない。優秀な資源を集まって、重大なプロジェクトによる産業発展を促し、且つプロジェクトによって政策の策定と実行を行う。浦東新区開発の成功事例はこのようです。例えば、通用プロジェクト(ジェネラルモーターズGM合弁プロジェクト)、ディズニープロジェクトなどです。これらのプロジェクトは最終的に元の産業管理制度の制限を突破して、中国のWTO加盟を押進めた。現在、自貿区戦略をシンボル的にして、浦東新区は再び類似の発展段階を直面している。

四.まとめの結論:

1.操作可能は一番の前提条件です。一地域でのパイロットの成功を参照にして、中国の制度の整備を推進するため、操作可能な事項でスタートしなければならない。

2.優遇政策がなくても、先行パイロットの操作性政策が必要です。政策は制度的イノベーションのキャリアで、先行パイロットをうまく実行するため操作可能な政策は必ず打出す必要です。

3.いくつの政策制限の突破、新しい規制の形成に意義を持つ大型プロジェクトをやるべき。プロジェクトの成功事例があれば、操作可能な経典案例として、対外的に説得力をもち、対内的に管理方法がある政策を形成する。
4.国務院主要リーダが第一責任者とする指導機構を形成しなければならない。
全国にはすでに四つの自貿区があり、それぞれ特徴を持ち、要求が違い、機能が違う。そのため、中央の権威者と地方トップ幹部が担当する大型事件、大型プロジェクトの責任者は必要とされる。同時に、全国人大(議会に相当)と地方人大の協同議事決定の制度も形成されなければならない。最高権力層は直接に第一線実行者の声を聴けるべきで、一事一議、特別の事が特例で実行、点で突破、面で規則を形成、決定と実行の効率を向上しなければならない。

 

(報告まとめ編集:UDC 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)