新しい情勢の下で日本製造業が対中国投資のチャンス

 

浦東ネットニュース5月31日:

 摘要:

 中国は全力で省エネ、ローカーボンを実施し、産業のグレットアップを推進している。省エネん、環境保護、新しいエネルギーの開発、医薬、医療器材などの産業分野は重要な発展方向です。日本は上述な産業分野において豊富な経験を持っているので、中日両国の協力の可能性が大きい。両国は、「一帯一路」を通して、インフラ施設、省エネと環境保護だけじゃなく、さらに金融貨幣分野までにの協力の公約数を求められる。

 2016年の中国と日本の両国間経済協力の見通しについて、今後日本の製造業は対中国投資の規模が更に減少する可能性がある。一方、中国が実施している「一帯一路」は日本経済の長期的な継続発展を促す。「一帯一路」は貿易通路だけじゃなく、地域の繁栄と発展に新しいチャンスをもたらし、新しい活力的な成長通路を激発する。この通路は中国の経済成長にサービスすると同時に、日本にもオープンしている。

 中国の設備投資の減速はすでに日本の原材料、機械などの設備投資と関連する分野の経営実績を影響し始め、投資減速も日本の対中国の輸出を影響している。短期的に見れば、中国の製造業に対する需要の減少は日本の対中国輸出を減少させる。しかし、中国と日本はお互いに最も重要な貿易相手と投資相手で、お互いに依存度が高いので、日本企業は絶対に巨大な中国市場を放棄しない。一方、中国企業は日本の先端技術と高級部品の需要がある。お互いに経済協力の基本状況は今後も変わらない。

 「一帯一路」の提議は中日間経済貿易の合作の持続発展に新しい環境を提供した。今後、インフラ整備、省エネルギーと環境保護、さらに金融貨幣分野までにも、両国間の協力の可能性はたくさんあるでしょう。

 日本の経済実力と影響力を見れば、日本を含むアジアの発展プロセスはもっと力強いです。一方、さらに発展と繁栄のアジア経済も日本経済にとって持続な低迷状態から抜き出すことに有利です。だから、将来にも日本はアジア発展の積極的な参加者になる。「一帯一路」が提議する共同建設、利益共有の理念はアジアを一つの運命共同体に作り上げる。中国と日本はこの運命共同体の中で経済の長期安定成長を実現するだろう。

(内容出所:《日本経済青書:日本経済と日中経済貿易関係研究報告(2016)》)

 

(編集発表:外聯発コンサルティング 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)