上海自貿区万博ブロック投資環境説明会が上海で開催

 

浦東ネットニュース6月13日:

  このほど、上海市外国投資促進中心、浦東新区商務委員会、中国(上海)自由貿易試験区管理委員会万博管理局が共同で「上海自貿試験区万博ブロック投資環境説明会」を主催した。説明会の重点な目的は国際組織(機構)と行業協会(組合)の進出を誘致する。

  市商務委員会副主任顧軍、自貿区管理委員会副主任、浦東新区副区長簡大年、浦東新区商務委員会、自貿区万博ブロック管理局など関係機関の責任者、一部の国際組織代表、上海投資促進機構聯席会議(SIPP)の会員代表、外国駐上海領事館、専門サービス機構の代表100人余りは説明会に参加した。

  顧軍に発言によると、市商務委員会は昨年にスタートした「国際組織(機構)の誘致計画」が順調に進めて、実績を上げました。アジア太平洋モデル電子通関ネットワーク運営センター、香港国際仲裁センター、シンガポール国際仲裁センター、国際商会などの国際組織と仲裁機構は上海で代表処を設立した。進出された国連工業発展組織上海投資センター、国連貿易ネットワーク上海センターは上海経済発展に積極的な役割を果たしている。

  会議終了後、参会者は万博地区を視察した。

 

(報道:上海商務サイト 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)