輸入コンテナ貨物の通関全プロセス参考図

 

浦東ネットニュース6月24日:

  上海税関12360ホットラインはこのほど、コンテナ貨物の通関全プロセスの説明図(参考)を登載した。

  輸入のコンテナ貨物が港に到着後、一連の通関と商品検査のプロセスを経て持ち出す。流れの中に、税関、検疫検査、乙仲、企業の協同作業欠かせないものです。

  通関のプロセスの中に、確定できない事項が存在している。ある節点で余計な状況が発生されると、通関の流れに変化が発生する。企業の対応が誤る場合、輸入コストがかなり上がり、経営活動にマイナスな影響が発生する恐れがある。

  企業の輸出入業務の担当者は通関のプロセスをいかに正確に理解する必要がある。

 

(通関の流れの中に、具体的な事項にそれなりの対応が必要です。)

 

(出所:上海税関12360ライン 編集者:江小平 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡は pudong-cd@shanghai.co.jp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)