華為と自貿区が協力して情報化整備をサポート

 

浦東ネットニュース7月20日:

  中国(上海)自由貿易試験区(以下、「自貿区」という)が稼働後(2013年9月より)、自貿区の税関情報化システムは速やかにで完成し、オンラインしてサービスを行い始め、業務自動化作業率が12.8%から56.2%に上がった。このシステムの完成について、通信ソリューション大手の華為公司に提供されたソリューション案は成功のもととなった。華為公司はサーバー、融合構造と固態メモリ分野に競争メリットを持ち、システムのオーダーメードを行い、一つのトータル的な完璧なソリューション案を提供し、情報化のシステムの構築で高い効率と革新的な快速通関の綜合業務プラットフォームを作り上げる。いま、自貿区の輸入通関時間が41.3%減少、輸出の平均通関時間が区大より36.8%を減少した。

  自貿区内には数千社の企業がある。毎日に数百万次のデータの計算で、大量なデータ流量とデータ保存の需要がある。同時に、自貿区の情報システムは元の保税区の管理プラットフォーム、智能カードべーとなどのシステムを連動するので、極めて速い反応スピードを要求される。華為のRH5885HV3サーバーは53項のハードRAS特性を支持し、OcranStor18800メモリがイノベーション的にSmartMatrix構造とバーチャル化OSシステムで、自貿区の中核的システムの安定成長を保障してきた。華為のE9000融合構造ブレード式サーバーは自貿区の税関情報化システムが計算、保存、ネットの融合を実現させる。それから、華為Dorado5100全固態メモリは読み書き能力を増強すると同時に、データの読み書きの遅延を減少して、通関の時間を大幅に短縮する。

 

(情報発表:上海自貿区 編集:UDC 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshegchun@shftz.cnp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)