韓正:モルガン・チェースの上海自貿区での業務発展を歓迎(写真)

 

浦東ネットニュース7月25日:

(テレビニュースの会見場面)

 7月21日午後、上海市党委書記韓正は米国モルガン・チェース(中国名:「摩根大通」、JPMorgan Chase & Co.)グループ董事長&CEOのJamie Dimon一行と会見した。会見で、モルガン・チェース側は上海自由貿易試験区の建設に貢献すると表明した。上海市常務委員、浦東新区書記、上海自貿試験区主任沈暁明は会見参加した。

  会見で、韓正は下記を語った。上海自由貿易試験区の改革の中核は制度の革新で、中に金融イノベーションを含まれている。上海自貿試験区が金融改革「40条」を実行した後、上海市は中央政府の要求を従って、リスクのコントロール可能の前提において各項の改革施策を積極的且つ安定的に推進してきた。我々は改革を深めて、開放を拡大し、開放度が更に大きくなることを断固としていく。モルガン・チェースは中国で、上海で良い発展があるので、我々はモルガン・チェースの上海自由貿易試験区での業務展開を歓迎し、支援する。国内外の更に多くの成熟な企業が上海自貿区の金融イノベーションに参加することを歓迎する。健全な中国市場の特徴に合う、成熟な市場化、法制化、国際化制度の規範を作り上げ、リスク防止の能力とレベルを次第に向上させる。

  Jamie Dimonは会見で、「モルガン・チェースは上海との長期的良好な協力の基盤がある。将来帆発展に向けて、モルガン・チェース更に中国市場を重視し、中国企業の海外進出、多国籍企業の中国進出にもっと専業的なサービスを行う。上海での新しい発展を非常に期待して、引続き高い水準の業務を実行し、良好な企業市民になり、上海自貿区の建設と中国資本市場の発展に更に多き貢献をしたい」と語った。

 

(報道:解放日報 編集:UDC 日本語編集:杜軍)


 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshegchun@shftz.cnp
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)