浦東eコマース取引額が3143億元に達し、助成策を更に加える

 

浦東ネットニュース9月1日:

  「第十三次五カ年計画」期間中(2016年―2020年)、浦東新区は「インターネット+産業」を全力で助成し、eコマース(中国語「電子商務」という)と産業の共同発展を推進する。「インターネット+」の助成政策は2016年10月に発表される予定。これは、青年報記者は「第二回中国浦東「インターネット+」大会で得た情報です。

  発表によると、eコマースは浦東新区、また上海経済発展の重要な動力の一つになっている。統計では、2015年、浦東新区のeコマース取引額は3143億元(日本円で約4.8兆円相当)を実現して、上海市に占める割合が19%になった。そのうち、B2B取引額は2850億元、上海市全体の23%を占めた。ネット買物の取引額は293億元、昨年同期比4.3%増、上海市の7.1%を占めた(うち、商品類取引額が216億元、同比5.4%増)。

  同時に、浦東新区のeコマースの商品販売の取引額が商品販売総額に占め率は10.5%に達して、商業の構造転換の重要な原動力となっている。

 

(報道:青年報 作者:郭  日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)