外高橋越境投資プラットフォームが自貿区の産業革新を促す

 

浦東ネットニュース9月26日:

  9月29日、上海自由貿易試験区が稼働三周年になる。外高橋府ループは自貿区この国家戦略の最初の実践者として、止まらずに改革と革新して、徐々に産業革新、プラットフォーム革新、ビジネスモデル革新の三つの馬車が「合力走る」の局面を形成した。重要な機能性サービスプラットフォームの一つとして、外高橋越境投資プラットフォームは著しい発展を遂げた。

  2014年2月、弘毅投資は上海自由貿易試験区越境投資プラットフォームを利用して、3000万米ドルを対外投資して、蘇寧電気と共同でPPTVを買収した。これは上海自貿区においてプライベートエクイティファンドの対外投資の第一号案件だった。上海外聯発商務諮詢有限公司(UDC)金融コンサルティング部高級マネジャー陳一波は個の案件のオペレーターだった。陳さんの話しでは、自貿区が稼働前に、外高橋保税区内には越境投資の事例が非常に少なかった。

上海自由貿易試験区(保税区範囲)の海外へ投資の状況

  いま、海外投資サービスプラットフォームには30社余りの専門サービス協力機構が集積している。その中に、海外投資企業に金融サポートをしている銀行、法律支援の弁護士事務所、財税支援の会計士事務所、リスク防止の保険機構などを含まれている。

  2015年末までに、海外投資サービスプラットフォームには協力の投資促進機構12社、投資サポート機構31社に達した。手続きをした海外投資プロジェクトは累計で125件、投資総額が66億米ドル。

  2015年5月、UDC主管運営の上海自貿試験区グローバル買収専門サイト(GMA)は運営開始、再び「グローバルインキュベーション、科学技術のイノベーション」の全く新しい理念を引き起こした。この前に、GMA「イスラエル周」の専門テーマイベントは終了されたばっかり。GMAのチームはイスラエルに訪問して、ハイテク的な高い質のプロジェクトを探し出し、リアルタイムでGMAで情報公開した。このモデルは、国内国外の相通、オンラインとオフラインの相通を実現している。今後、このようなイベントはGMAプラットフォームで頻繁に演出されるでしょう。

GMAチームはイスラエルを訪問交流

  「グローバル買収サイトと海外投資サービスプラットフォームは総合促進で、外高橋グループからの金融サービスです。国際国内の二つのマーケティングのマッチングを通して、優秀なプロジェクトを浦東新区、上海自由貿易試験区に誘致するためです」と上海外聯発商務諮詢有限公司の劉旭副総経理は説明した。

 

(報道:UDCサイト 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)