自貿区三周年: 国際貿易中心建設の「十三五計画」が発表

 

浦東ネットニュース9月29日:

  上海市「四つの中心」(国際経済、金融、貿易、港運中心を建設すること)の一つである国際貿易中心の建設の青写真、《「十三五」時期上海国際貿易中心建設計画》はこのほど正式に発表された(「十三五」は第十三次五カ年計画のこと、2016年―2020年):「十三五」期間中、本市は貿易環境を更に最適化、貿易競争力を更に拡大、貿易規模を更に拡大、貿易機能を更に増強して、2020年になると、国際国内の二つ市場の資源の調達機能、我が国の経済と貿易地位に相応しい国際貿易中心を基本的に完成する。高い基準の国際投資と貿易の規則と繋がる制度体系を基本的に形成し、商品と要素の自由流動、平等交換の現代市場の体系を基本的に形成する。

 貿易環境は更に最適化

  自由貿易試験区を開放度が更に高い、更に利便化の自由貿易地域に建設する。国際貿易の「単一窓口」を全面的に完成し、通関の効率を高め、輸出入の環節費用を持続的に減らす。事中事後の管理制度の革新を深めて推進し、商業の信用度を明らかに向上し、高い基準の国際貿易と投資規則に繋ぐ制度的な環境を完璧化させる。

 貿易競争力は更に向上

  輸出付加価値のレベルが安定的に向上、自主ブランドの輸出、ハイテク製品の輸出が占める割合は明らかにアップする。上海企業の海外での経営能力が明らかに増強し、実際の対外直接投資実績は大幅に拡大する。多国籍企業の地域本部、貿易型本部、中小貿易企業などの各類の市場主体、及び影響力を持つ貿易投資促進機構、貿易情報サービス機構、貿易紛糾を解決する機構と国際組織の集積を加速する。

  具体的には、自主ブランドの製品、ハイテク製品の輸出が上海市全体の貨物輸出総額に占める比重は2015年の50%前後から、2020年の60%以上に引上げる。実際の対外直接投資額は2015年の166億米ドルから、2020年までに5年間に毎年に180億米ドルを保持する。規模以上の中国のグローバル企業は2015年の38社から、年間平に均13社をふやして、2020年に100社を突破する。多国籍企業の地区本部は2015年の535社から、年間平均に49社を増え、2020年に累計で735社に達する。貿易型本部は2015年の100社から、年間平均に20社を増え、2020年に200社に達する。

 貿易規模は更に拡大

  市場流通と消費規模が安定拡大、eコマース(中国語:「電子商務」)の取引額が2015年の倍になる。商業と貿易業の増加値は上海市全体のGDP(域内総生産)に占める比重が17%前後を保持する。世界級の港を作り上げ、貨物輸出入の規模は世界の都市の前列を保持する。サービスの貿易額は引続き全国のトップを保持する。浦東新区の貿易総額は上海市全体の30%を占める。

  具体的には、商品販売総額は2015年の93407億元ぁら、年間平均7%増で、2020年に13兆元を超える。社会消費品小売り総額は2015年の10132億元から、年間平均16%増で、2020年に1.4兆円を超える。eコマースの取引額は2015年の16452億元から、年間平均16%増で、2020年に3.5兆元に上る。商業と貿易業の増加値は上海市全体のGDP(域内総生産)に占める比重が2015年の16.8%から、2020年に17%前後を保持する。上海港の貨物の輸出入総額が全国における比重は2015年の27.6%から、2020年に30%に引き上げる。サービス貿易の輸出入総額が上海市の貿易総額に占める割合は2015年に30.3%、2020年にも引続き30%以上の高いレベルで運行する。

 貿易機能は更に増強

  一部の国内と国際の二つの市場に向けの千億元、万億元の取引市場(プラットフォーム)を完成して、一部の大口商品の価格と価格指数は重要な国際的な基準価格になる。国内外への消費吸引力を拡大し、商業の集積度、繁栄度、便利さが高い国際消費都市と国際ファッションの都を建設する。コンベンション業の国際化レベルを引続き向上して、国際展示会の面積が年間の展示会総面積の80%前後に引上げ、商業、観光業、文化、スポーツなどの産業と連動発展させ、国際のコンベンション都市を基本的に完成する。オフショア貿易とトランシップ貿易について新しい突破を期待して、国際トランシップの比率は15%に達する。クロースボーダーeコマースの取引額が上海市全体の貨物貿易額に占める比重は明らかに向上して、全国の前列に立つ。

  具体的には、千億、万億級の取引市場(プラットフォーム)は2015年の4つから、2020年の10カ所前後に増加する。展示面積は2015年の1513平米から、年間平均6%の増長で、2020年に2000万平米前後に達する。上海港の国際トランシップ率は、2015年の7%-8%のレベルから、2020年の15%前後に引き上げる。

 

  《「十三五」時期上海国際貿易中心建設計画》は上海自由貿易試験区の制度革新を先導として、8つの専門プロジェクトを提出して、「十三五」時期の国際貿易中心の建設にサポートする。

・貿易利便化スピードアッププロジェクト
 国さ通行の貿易管理制度との繋ぎを加速し、上海市全体の貿易利便化聯席会議の制度をベースにして、通関一体化の整備を推進し、通関環境の利便性を作り上げる。

・優進優出の指導プロジェクト
 貿易革新と構造転換の発展の要求に従い、輸出入が「大進第出」から「優進優出」にソフトさせ、一般商品から「商品+ブランド、特許、商標、技術、サービス」などのレベルにシフトする。

・サービス貿易の革新プロジェクト
 サービス貿易の革新発展パイロットのメリットを発揮して、サービス貿易の最適化の支援政策を研究し、新興サービス貿易の分野の加速発展を促進し、上海市をサービス貿易の革新の新しい拠点に作り上げる。

本部経済のグレートアッププロジェクト
 世界貿易投資発展の新しいトレンドに順応して、高いレベルの市場主体の誘致と育成に力を入れる。在上海の多国籍企業に奨励して研究開発、設計、物流、決算、販売などの機能の展開させる。ローカル企業のクロースボーダーの経営能力を向上させ、投資を更に促進して貿易を駆動する。

・装置産業の海外展開を加速するプロジェクト
 主動的にグローバル産業チェーンに参入し、国際産能と装置製造の協力を推進して、製品、技術、基準とサービスの海外への展開を連動させる。

・新しい商品の導引プロジェクト
 新しい消費により消費構造のグレートアップをさせ、消費の中身を更に開拓し豊富させて、特色のある消費プラットフォームを作り上げ、新興の人気な消費を育成し、消費の総合環境を最適化させる。「十三五」期間中に市場消費の総額の成長率が同期の経済成長率を大きく上回る。目標は、最終消費が経済成長への貢献率は70%前後に達する。

・生活性サービス業の質アッププロジェクト
 生活性サービス業のサービス能力と業界規範化水準を全面的に向上して、生活性サービス業の利便化、精細化、品質化の発展を推進する。

・市場流通の革新プロジェクト:
 流通技術をエンジンとし、制度革新をサポーターとし、流通の発展モデルを革新して、大流通、大市場の発展需要に満足する新型の流通管理体制を作り上げる。供給側の構造性改革の中に流通の新しいエンジンの役割を果たして、「革新的発展、市場規則、市場管理」の三大領域の「システムインテグレーション」を行い、ビジネス信用を中核とする新型流通の管理モデルを構築する。

 

(発表:上海商務  日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)