自貿区で外国人の「来中国工作許可書」の受理は正式開始

 

浦東ネットニュース11月25日:

  国家外専局(中華人民共和国外国専門家局)の《外国人来中国工作許可制度パイロット実施案の印刷発行における通知》(外専発[2016]151号)に基づき、2016年11月15日から中国(上海)自由貿易試験区国際人材サービス中心は正式に同項業務のパイロット工作を実施した。これで、外国専門家在中国工作許可と外国人就業許可書は正式に「外国人来中国工作許可」になった。

保税区内の受付窓口の住所:

1)菲拉路55号人材大廈一階事務ホール

2)日京路38号自貿区出入国手続きセンター

 外国人工作の受入れ単位(会社)は「外国人来中国工作管理服務システム」(http://fwp.safea.gov.cn/)に登録して口座を開くことができる。まず、ネットで関係情報を入力し、単位の書類と担当者証明書をアップロードしてから自由貿易試験区の受付窓口にて原本を提出し、チェックする。

 具体的なプロセスと書類リストについて下記サイトをアクセスしてください。
http://www.shftztalent.com/

お問合せ電話番号:
  021-3845 3926、 021-2204 3562

 

(発表:保税区管理局 情報整理:UDC 編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)