外高橋は世界の自由貿易区の綜合2位に

 

浦東ネットニュース2月3日:

  このほど、ロントン《金融時報》(Financial Times)傘下のFDI雑誌は世界中の1200余りの自由貿易区に対して指標評価を行った。外高橋保税区はドバイ多種商品取引エンターに次ぐ結果で、2016年度グローバル自由貿易区総合類第2位に選ばれ、且つグローバルに最も大手ユーザーに推薦される自由貿易区の第1名及びアジア最も良い自由貿易区の評価を獲得した。

  FDI雑誌は以下のとおり外高橋保税区を評価した。世界中のすべての自由貿易区を徐々に追い抜き、且つアジアの最も良い自由貿易区になっている。多くの世界知名な投資者は中国のこの第一号の自由貿易区に進出している。また、外高橋保税区は一つのシステムになる投資管理制度を導入して、公開性と透明度を向上し、且つの貿易の監督管理を強化して、煩雑な手続きを減少し、効率を向上させる。同時に監督管理制度を実行して、投資者に安定な投資と経営環境を提供する。

  外高橋保税区の主要なディベロッパーとして、外高橋集団股分公司は国有持ち株市場競争類公司に転換した後、自由貿易ゾーンのイノベーション的な運営会社とトータル産業チェーン・インテグレーションサービス・サプライヤーになる目標に向かっている。

  自由貿易ゾーンの建設について、外高橋自動車テーマ産業園の発展が速やかです。外高橋バイオ医薬パークの建設は順調です。国際加工機械展示貿易センターは発展のピークを向かっている。自貿区国際芸術品交易センターの発展は安定的に推進されている。保税物流園区は国際トランシップ詰め合わせ試行の企業の規模が拡大され、且つ上海市の最初の越境eコマースモデル園区になっており、越境eコマース保税管理届登録の手続きを完成した。

  上海自貿区は全国改革革新の先頭です。外高橋保税区はいち早く企画し、先頭の戦略チャンスの把握に努力している。2016年、中国(上海)自由貿易試験区保税区域企業情報化公共サービスプラットフォーム(第一期)項目は評議・検収にクリアした。グローバル買収ネットワークはオンラインされた。「一つキーで通す」企業サービス中心は看板揚げ。いま、外高橋保税区のセットアップサービスのレベルは次第に向上されている。

 

(報道、まとめ:UDC外聯発商務諮詢 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)