浦東駐日本事務所が三菱UFJ「Business Link商売繁栄」展示会に参加

 

浦東ネットニュース2月17日:

  2月10日、上海市浦東新区駐日本経済貿易事務所(以下「駐日事務所」と略称)は三菱UFJ金融グループが主催、横浜で開催される「第14回Business Link商売繁栄at PACIFICO YOKOHAMA」展示会に出展し、20社あまりの会社、機構とよい交流・ドッキングを行った。

商談、ドッキング会場

  主催者は約4千社の企業を招待した。多くの海外出展者を含む国際機構と製造業、サービス業は出展し、そのうちIT、ネットワーク、自動車、金属加工などの業種が目立った。展示会現場では大規模な一対一のビジネスマッチング会と多くのセミナーを行われた。三菱UFJ金融グループは2006年秋から一回目の展示会を初めて主催した。今回は第14回です。基本的に一年一回で、これまでの開催場所は東京、大阪、東京、名古屋、福岡、千葉、大阪、千葉、名古屋、千葉、大阪、横浜と名古屋、横浜の順だった。


浦東新区駐日本経済貿易事務所首席代表兼UDC研究室副総監唐勝春は展示会で参会者と交流

  駐日事務所は浦東新区駐日本経済貿易事務所、 中国(上海)自由貿易試験区東京事務所、上海外聯発商務諮詢有限公司東京事務所が三位一体の形で運営している。今回の展示会ブースは国際機構コーナーにあり、駐日事務所の三回目の出展です。出展内容は主に浦東新区、上海自貿試験区と外高橋保税区の投資環境、域内経済発展の状況説明する。また、お客さんが関心する新しい開放分野、経済社会の発展状況、越境eコマース、医療、バイオ製薬などの産業政策と投資状況を回答した。

  出展企業と来場者は展示会が非常にプロ的、マッチングが精確且つ実務的と広く好評した。このようにお客さんの立場に立って、大手銀行が主催する大型、精確、実務的なマッチング会は中国国内でまだ見なかった。

 

(報道:外聯発コンサルティング 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)