浦東文化産業の投融資が活躍

 

浦東ネットニュース2月23日:

  上海の文化産業の発展は徐々に飛び出している。このほど、《2016年上海文化産業発展報告》(以下、《報告》という)は発表された。《報告》によると、2015年上海市の文化産業は1632.68億元の増加値を実現し、前年比8.1%増、中国の文化産業及び関連産業に占める比重が6%だった。その中に、浦東新区は文化産業の増加値が988.18億元を実現した。

  《報告》は上海市共産党委員会宣伝部文化発展弁公室、上海市文化事業管理処と上海社会科学院文学研究所が共同で発表された。

  新興文化産業の成長が目立つ

  「インターネット+」を代表される信仰文化産業の成長は目立つ。文化産業の発展の新しい特長も浦東新区で示している。2015年、浦東の規模以上の(通常、年商500万元以上)文化創意産業企業は営業収入が2456億元を実現、前年比0.2%を増加した。その中に、工業デザインとネット情報業は2桁の成長を達成、それぞれが223億元と186億元に達し、15.2%と15.4%増となり、産業構造もある程度に最適化された。規模以上の文化創意産業の企業は年度に営業利益250億元を実現し、前年比5.2%増となった。

  営利能力を見れば、浦東新区ではトータルの文化産業に利益率は10.2%だった。そのうち、ネット情報業ははるかにリードしており、利益率が48.7%の高いレベルにあった。メディアと広告、コンベンションの利益率は平均水準いじょうにある。

  浦東新区は資金面での助成を拡大

  浦東に根付く有力企業蘭渡文化は女性のインターネット項目をメイン業務とし、盛景網聯からの5000万元のCラウンド融資を獲得した。浦東のローカル創業企業蜻蛉FMも中国文化産業投資基金からの1億元を超えるDラウンド融資を獲得した。申迪グループなどの文化企業は債権発行などの形式で、社会資金の募集に成功した。

  浦東新区も文化産業資金の助成に更に力を入れている。2015年新区には45の項目は市文創弁の支援金6185万元を獲得した。その中に、新区のセットアップ助成は27の項目があり、助成経費が1717.5万元だった。上海簡単生活祭、中国国際デジタル娯楽展示会などを含む多くの文化創意ブランドイベントは助成金を獲得した。

 

(報道:上海浦東公式サイト 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)