外高橋集団と薬明康徳は協力で医薬開発プラットフォームを作り上げ

 

浦東ネットニュース2月27日:

  国有企業改革パイロットの産業パークのディベロッパーである外高橋集団股分有限公司(以下、「外高橋集団」という)と業界有名な医薬産業リーダー企業である薬明康徳新薬開発有限公司(以下、「薬明康徳」という)はこのほど、共同で国際バイオ医薬科創中心(科学イノベーションセンターのこと)プラットフォームを作り上げると発表した。目標は、5年以内に200-300の創業チームを誘致して、10-20個自主知的財産権のある新薬を形成する。

図:国際バイオ医薬科創中心プラットフォームは外高橋保税区富特北路の東側荷丹路にある48号、49号の工場建物に立地

  方案により、国際バイオ医薬科創中心プロジェクトでは項目選択、インキュベーション、投資、金融サービス、研究開発、財産権取引、運営サービスを一体にするワンストップ式のイノベーションプラットフォームを形成する。投資について、薬明康徳、平安銀行などは外高橋集団は共同で科創産業発展投資基金の設立を検討して、テナントになる項目の評価と選択を行い、適合の項目について株権利の投資と再融資、投資管理などを行う。

  薬明康徳はグローバル医薬のイノベーション項目のインキュベーターのオープンプラットフォームを持って、欧米、中東、東アジアの大量な優秀な項目を外高橋に導入することが可能です。もう一方、外高橋集団は伝統的な不動産資源を提供するほか、情報サービス、人力資源、行政サービス、商業セットアップ、ベンチャーキャピタルなどの各方面でのサポートを提供できる。双方は共同で推進と参加して、「政策導引+市場運営」の二重保障を提供するだけではなく、項目のリスクを有効的に減少し、良性循環になるバイオ医薬産業の生態圏を構築する。

図:自貿区機能革新に依存して、外高橋保税区は大量なイノベーション項目を誘致し、育成した。

  上海自貿試験区の看板上げの日(2013年9月29日)から、外高橋の発展座標は決まった。改革の先頭に立って、グローバルの慣例にドッキングする税関特殊監察管理区になる。

  国際的に開放、利便化のビジネス環境と比較すると、外高橋保税区には多くの先端製造、技術開発と検査修理のサービス類多国籍企業を集積して、区域の特色を持つ多国籍企業の科技イノベーション生態集落を形成した。例えば、美光半導体、馬瑞利を代表とする製造向上型、カルセスが貿易の代表になる。美薬典、香港標検査を代表するサービス牽引型で、薬明康徳を代表となるオフショアサービス型のオフショアサービス型などがある。

図:薬明康徳は地域内に有名な医薬産業のリード企業です

  今後、外高橋区域には国際化のイノベーションセンターを作り上げ、国際化視野を持って国際資源と繋ぎ、国際のイノベーション同行とドッキングして、グルーバル的なイノベーション連動を実現し、イノベーション的な創業企業の国際競争力を向上させる。

 

(発表:外高橋の窓 整理:UDC 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)