浦東がグローバル智慧都市のモデル区を作り上げ計画

 

浦東ネットニュース2月28日:

  《浦東新区国民経済と社会情報化「十三五」計画》(以下、《計画》と略称)はこのほど発表された。《計画》に基づき、2020年に浦東新区は情報化の発展能力の強化、イノベーション智慧化の応用、モデル効果の強化などの仕事を通して、「政治管理が高度協同、都市管理が高度智能、公共サービスが高度便利、産業発展が高度融合」の国内、さらには世界の智慧都市にモデル区を作り上げる目標だ。

  《計画》に従い、「第十三次五カ年計画」(「十三五」という)期間に(2016年―2020年)、浦東新区は新型協同的な智慧政務システム(政務クラウド1533プロジェクト)を建設し、インテリジェント且つ高い効率の都市管理システムを建設し、市民にやさしい便利な情報恵民システム(iPudong市民生活クラウドプロジェクト)、及び両化融合の智慧経済システム(智能製造企業クラウドプロジェクト)を建設する。

  都市管理システムの中に、《計画》は下記内容を提出している。更に智慧、グリーン、分かち合う市民の交通利用モデルの形成を推進し、智慧公共バス停の建設を推進し、智慧外出APP(アプリ)などのモバイル端末の応用を奨励する。ビルディングのエネルギー消耗の検測を強化して、政府機関、公共建築、大型公共施設の建物のリアルタイムのエネルギー消耗データを採集分析し、省エネの改造を推進し、複数のコーピー可能、普及可能なインテリジェントのビルディングモデルケースを形成する。浦東環境保護のビッグデータの分析を行い、企業が情報化手段で排出物の管理監視、管理システムの改造を奨励して、最大限に汚染物の排出を減少し、環境整理のプロセスを加速する。「インターネット+」の理念を先導して、一般社会の共同管理のシステムを探索し完全化させる。

  それから、浦東は全面的にモデル効果を生かして、智慧産業パーク、智慧コミュニティ、智慧商圏、及び双自連動モデル区の建設を推進して、多層の推進構造を構築する。

 

(報道:上海浦東公式サイト  日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)