第27回中国華東輸出入商品交易会は3月1日から開催

 

浦東ネットニュース3月2日:

  3月1日、第27回中国華東輸出入商品交易会(「華交会」と略称)は上海新国際博覧中心で開幕した。会期が5日間の本回の華交会は、展示面積が12.09万平米、前回より6000平米を増加、展示ブース総数が5670個(16のサービスブースを含む)。

  展示会は次第に専門化の道路に推進された。華交会ブランドの下記の5つの専門展を設けている。服装とアクセサリ展(ファッション衣服展示区、服装生地及びパーツ展示区)、紡績生地展(家庭貿易品展示区、貿易原料補料展示区)、家庭用品展(キチン、トイレ展示区、日用消費品展示区)、装飾礼品展(文化スポーツ及び観光リゾート展示区、嘉定インテリア及び礼品展示区)及び現代生活シリーズ展(輸入商品展示区、越境EC展示区、美容化粧展示区)。

  統計によると、各交易団の服装とアクセサリー展示ブースが1698個、全体の29.95%を占めている。紡績生地展のブース数が894個、全体の15.77%を占めている。家庭用品展示ブース1764個、31.11%を占めている。装飾礼品展の展示ブース数が604個、10.65%を占めている。現代生活スタイルテーマ展(海外展示区)のブース数が514個、9.1%をしめ、美容化粧及び越境EC(E6館)のブース数が180個、3.2%を占めている。

  14の交易団(9の主催省市の交易団、3つの都市交易団、1つの聯合交易団、1つの海外交易団、E6館の越境ECと美容化粧展示区)は合計で3900社あまりの企業を動員し出展している。それから、海外からの出展企業数は449社。

 

(報道:上海商務 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)