三大経済が上海自貿区保税区域の発展に加速させる

 

浦東ネットニュース3月3日:

  このほど行われた「浦東2017年重点工作」の発表会で、上海自由貿易試験区保税区管理局弁公室副主任宋鵬霖は、「本部経済プラットフォーム経済新興経済は加速発展しており、未来には制度革新のシステムインテグレーションにより、保税区域の建設を更にスピードアップさせる」と説明した。

  宋鵬霖によると、上海自貿区保税区域の2020年の目標は、投資の開放性、貿易利便性、金融要素流動性と機能集積化などの面で開放度が最も高い自由貿易園区の基本枠フレームを形成する。今後、保税区は多国籍企業本部の集積、サービス貿易の革新による先導、新興産業が大いに発展、双方向投資が積極的活躍的な先導地域を基本的に作り上げて、グローバルの価値チェーンの分業システムの中に重要な機能節点と「アジア太平洋地域の奥深い」戦略のキャリヤーになる。

保税区域の本部経済、多国籍企業本部数が77社に達し、上海市全体の15%を占めた。。アジア太平洋地域運営本部が42社に達した。企業運営センター総数が230社。

プラットフォーム経済: 専門貿易、大口商品現価取引、平行輸入自動車、対外文化貿易、越境EC

新興経済: 融資リース、海運国際トランシップ、技術サービス貿易

 

 

(整理:外聯発商務諮詢 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)