世界級の映画館が臨港地区で整備へ(写真)

 

浦東ネットニュース3月31日:

港城広場プロジェクト のイメージ図

  臨港地区には世界級の映画館は作ることを決まった。3月10日、港城集団と保利映画の合作契約調印式は行った。2019年、臨港で世界一流の映画城はオープンする予定。

  2003年から海岸で埋立スタートした臨港新城で、教育、衛生、交通などのセットアップインフラ整備は次第に完全化になったが、文化娯楽の施設と項目は依然と足りない状況です。「我々は住民に調査すると、臨港に何を改善すべきと質問する場合、多くの人は文化娯楽施設が足りないと答えだろう」と臨港管理委員会副主任、南匯新城鎮党委書記呉暁華は率直に説明した。さらに、「臨港の未来発展について、我々は一つの活力を満ちる科技の都市を作り上げる」と語った。

  港城広場プロジェクトは港城集団が投資する大型総合体項目で、滴水湖一環中核エリアに立地しており、総建築面積が約56万平米、オフィス、商業、住宅、ホテル、コンベンションなどの多業態機能を持つ。プロジェクトは2018年から続々と交付に予定で、2020年に全面的に完成する。

  港城広場に設ける映画城の面積は約5300平米、約1300人を収容できる。保利映画は保利文化集団股分有限公司の傘下のグループ企業で、その傘下の保利国際映画館は全国で112箇所の映画館がある。

  発展計画によると、2020年(第十三次五カ年計画の末)に、臨港新城のメイン市街地には更に1000社の技術イノベーション企業を誘致し、1万名の研究者と技術者の住民を導入する。臨港の人口規模は現在の30万人規模から50万人に拡大する。

 

(報道:上海浦東新区公式サイト 日本語編集:杜軍)

 

 

 

このウェブサイトの著作権は上海市浦東新区政府浦東新区駐日本経済貿易事務所に所有とされます。
浦東新区へのご連絡はtangshengchun@shftz.cn
にお送りください

運営担当上海道嘉商務諮詢有限公司 (SDJ)