浦東概要 開発区 投資機会 外商投資政策 優遇政策 関係費用 審査批准 投資形式 実務操作 本事務所

浦東便利帳

政府窓口
地図
交通情報
 
トップページ>>浦東便利帳>>生活関連
  浦東便利帳

    生活関連

外国住民数と生活環境

  浦東新区に外国住民数が1万6千人(2004年末)、うち5,800 人が花木鎮に住んでいます。

  上海市内の外国人が最も集中している地域はどこですか。過去は「古北地区」(虹橋開発区の近く)であったが、いま、浦東新区の花木地区だ。花木鎮警察署の責任者の話しによると、同管轄地域に登録した外国籍者の人数は5 , 800名あまりで、上海市全体の1/10、浦東新区の1/3を占めている。さらに、この数字は次第に増える中である。だから、花木鎮は浦東新区の「古北」になった。

  また、当該責任者の説明では、彼らがこの数字を上海市出入境管理局に報告した時に、この数字がすでに「古北地区」の外国人登録数を上回ると言われた。

  花木地区は浦東新区の行政と文化の中心地で、浦東新区行政センター(区政府)、上海科学技術館、東方藝術センター、世紀公園などの上海を代表する公共施設がある。交通条件も抜群、地下鉄2号線が地域の中に通す。同地域にはまた、若いビジネスエリートと「新上海人」(上海定住の外来成功者)の集積されている。一つの上海市のニューターンとなっている。

  同地域に住む、居民委員会に仕事している羅さんの話しでは、彼が住んでいるマンションの同じフローアに四世帯のうち日本人、アメリカ人、ロシア人の家族を除いて、中国人家族は彼だけです。

( 編集:SDJ )

写真: 花木の中心となる「世紀公園」 、周囲には住居が集積

写真: 楽しい浦東生活をしている外国人家族


 
このウェブサイトの著作権は駐日本上海市浦東新区経済貿易事務所にあります。掲載された文字や画像などの
無断転載は禁じられています
本ページにについてご意見やご感想はpudong@ywbc.orgまでお送りください