ホーム>浦東情報

自由貿易区保税区は輸出割戻し管理法を革新

2017-08-04

近日、上海自由貿易区保税区からの情報によると、近年、保税区管理局は税務部門を主に国際基準と照らし合わせ、積極的に輸出割戻し管理法を革新してみており、著しい成果をあげた。自由貿易区制度創新と税関特殊監視管理区機能創新の優位性を重ね、保税区には合計3.7万社の国内と国外の企業が集中し、その中で貿易をする企業が半数を占め、上海の27.3%の輸出入額はこれらの企業の貢献である。輸出割戻し管理法の革新で、企業の金融逼迫が緩和され、納税者が「二つの機関の間で駆け回る」、「何度も同じ機関に足を踏み入れる」という問題が効果的に解決された。

1、全市で輸出割戻しデジタル管理を率先して運転する

2、アジア太平洋事業者の輸出割戻しを申請するようにシステムを設立する

保税区管理局は、引き続き税務部門を主に保税区で税収の徴収や管理法の革新を確実に進め、企業納税の便利さを高めるようにしている。税金徴収管理一体化実験区を研究し、推進することにより、貿易をする企業が貨物状態分類監視管理に参加するよう、国内と国外貿易の一体化発展を促進するようになる。

0