ホーム>浦東情報

一部の浦東の権利が改革を迎える 重点はこの13項

浦東トップニュース 2017-08-04

近日、浦東新区で中心発展権を統括し、地域管理権を委譲するための大会を開いた。会議によると、本市は率先して鎮の外資企業誘致と外資導入権を新区に統合し、社会管理権を鎮に委譲するという。その中で、最も注目されているのは鎮級外資企業誘致と外資導入権が取り消され、区商務委員会(投資事務所)に統一的に管理される18の投資促進サービスセンターが創立し、相応地域の外資企業誘致と外資導入の仕事を受け負うということである。 

中心発展権の統括と地域管理権の委譲は浦東が政府処理能力を向上させる先進区に必要な措置となる。主に5つの発展権を見据えて、事業を計画する。 

発展計画権

鎮級外資企業誘致と外資導入権

鎮園区変換発展権

地域発展権

公共施設基本建設権

統括に対応する管理権の委譲はより効果的に鎮級政府の公共サービス、公共管理と公共安全の役割りを果たし、鎮にひたすら社会管理に取り組んでもらうためである。 

情報によると、重点的に以下の8つの管理権を強化し、委譲する。

人事審査権

同意所得権

計画参加権

重大政策決定と重大プロジェクト提案権

総合管理権

都市緑化管理権

不動産管理権

法治建設統括推進権

この改革作業を確実に実行するため、浦東は作業推進組を成立し、6月に各部門で各領域における専門トレーニングと推進作業を実施した。今年の年末までに、各部門と鎮は権利調整状況について総合評価を行い、切実な問題を中心に、改善完備意見を提案し、模倣され、普及される改革モードを形成するようにしている。

0