ホーム>浦東情報

高橋鎮*の「歴史文化名鎮保護計画」が許可

上海発表 2017-08-04

上海の浦東新区にある高橋鎮の「歴史文化名鎮保護計画」がこの度市政府に許可された。

特徴として、現代と伝統の融合、江*と海が混ざりあう名所であること、建築物が匠に富んでいること、当時の中国最先端の科学技術と人文学的思想が継承されていることが挙げられる。また、高橋鎮のうち文化保護区域に指定された面積(1073.1ヘクタール)において、6階建てに当たる18メートルを超える建物の建築が禁止された。

78.jpg

79.jpg

80.jpg

高橋鎮は江と海に面しているため、港と保税区としての歴史を歩んできた。

宋代に作られたため文物と遺跡が多く、伝統的な街並みの保全のため、旧市街地の一部が「上海市歴史文化風貌保護区」に指定され、高橋刺繍、高橋ケーキはともに市レベルの無形文化遺産に登録された。


*鎮:中国の行政単位の一つ

*江:中国で言う川のこと、ここでは入江を指す

0