ホーム>投資政策

《張江ハイテクパークにおける行政許認可と政府サービス「ゼロ料金」の施行意見》

2017-08-16

2003-12-31 上海市 浦 東新区会計連合会( 2003 ) 17 号

浦東新区各委員会、事務室、局:

共産党上海市委員会、市政府の「張江にピントを合わせる」の戦略方策を徹底的に施行し、さらに張江ハイテクパーク(以下略称「張江パーク」)の投資環境を最適化し、総合優位を強めるために、上海市人民政府に意見付きの返答同意された《上海市浦東新区第三回の行政審査制度の改革方案》より、本意見を制定した。

一、本意見は張江パークで登録した国内企業、外資企業と研究開発機構に適用する。

二、張江「 0 料金」改革連合会議制度を作り上げる。成員機関は新区審査改革事務室、監察委員会、張江パーク事務室、新区発展計画局、財政局、税務局、商工業局、公安局、技術監察局などの関連部門からなって、張江区「 0 料金」改革の推進中の問題を調整する。

三、張江パーク事務室は「 0 料金」管理の日常仕事を担任し実施する。主な職責は「 0 料金」の宣伝、「 0 料金」を享受する企業に対する認定、「 0 料金」 実行情況の検査、「 0 料金」の項目と実施に対する説明、新区の関連部門と共同で補助しなければならない料金に対する統計、決算などである。  

四、張江パークで「 0 料金」登録カード制度を実施する。登録カードは張江パークから統一的に作られる。登録、設立された企業に対して、公告後、企業が営業許可証で張江バックに申請する。新規企業に対して、営業許可証と一緒に出す。研究開発機構は登録証で張江パークに申請する。

 五、公告によって“ 0 料金”のプロジェクトを実施する。新区部門及び工商、公安、税務、技術監察、薬監察などの部門に関わる料金徴収と料金徴収の代理に対して、登録カードで執行部門に料金を免除する。ほかの直接に市に属する各部門に納める料金に対して、依然として常規のルートによって納付して、納付後に領収書と登録カードで張江パークに行って代金が返される。

六、新区の料金徴収の各部門は関連の仕事をしっかりすべきである。企業の免除された項目に対して、ありのままに“ 0 料金”の登録カードを書き込んで、しっかりと登録し記録する。同時に、依然として、企業に各種のサービスを与える。

七、中止される料金徴収項目に対して、新区の収入に属すれば、その経費の補助金は新区財政から全体を計画案配されつり合い解決される。市級の収入に属するのは新区から代理徴収される。 

八、登録カードを持つ企業は公表した新区部門に執行される料金の免除項目に対して、費用の支払いを拒否することができる。また、浦東新区の監察委員会、張江ハイテクパーク管理委員会に苦情を訴えることができる。

九、関連部門は張江パークでの各項料金を片付け続け、様々な料金行為を規範しなければならない。

十、本意見について、発展計画局、財政局と張江パーク政府が解釈の責任を持つ。

本意見が二 00 四年一月一日より執行する。

添付:張江ハイテクパークの第一回 行政審査と政府サービス “ 0 料金”の実施項目目録

上海市浦東新区発展計画局

上海市浦東新区財政局

上海市張江ハイテクパーク統括チーム弁公室

二 00 三年十二月二十四日

1 2 3 >

0