ホーム>投資ガイド

国務院は中国第一部の開発区に関する綱領性文書を発布

2017-08-29

浦東ネットニュース2月14日:

1.jpg

2月6日、国務院弁公庁は《開発区の改革促進と革新による発展における若干意見》(国弁発[2017]7号)(以下、「7号文」と略称)を印刷し発表した。

1984年に中国は初めて開発区を設立した。あれ以来、開発区のやり方は中国の改革開放の重要な成果の一つになり、さらに手本として次第に海外に輸出し始めた。しかしながら、数量が多過ぎ、悪性競争、重複建設、管理遅れ、制度の制限などの問題も次第に目立ち、ある程度で中国及び世界の産業は点と産業シフトの需要に厳しい衝突を発生している。

中国の第一部の開発区に関する綱領性の総体的な指導文書として、7号文は開発区の発展を促進と規範する長期的な機制の確立、供給側の構造性改革の推進、実体経済の進行にとって重要な意義を持っている。

この綱領性の文書の中に、国務院は基本原則、形態レイアウト、土地利用、管理制度、体制改革、実績考査、など多くの面について、23条の意見で開発区の改革と革新的発展の総体な枠フレームを全面的に規定した。

1 2 >

0