ホーム>浦東情報

上海自由貿易区制度創新十大サンプル企業リスト公開 Sony China Career Portalがリスト登録

中国経済導報 2017-09-30

中国共産党第十九回全国代表大会の開催と上海自由貿易実験区成立4周年を記念し、第一回「中国(上海)自由貿易実験区医制度創新十大サンプル企業」発表会が9月28日に上海で行われた。会議では「制度創新サンプル企業」十社及び「制度創新サンプル企業」六社を発表し、Sony China Career Portal、ゼネラル・エレクトリック(中国)有限会社、シティーバンク(中国)有限会社上海支店などの企業がこういった特別な名誉を獲得した。 

自由貿易区の制度が企業に与える利点をアピールし、より多くの企業が自由貿易区創新制度に参加し、活用してもらうため、そしてより大きな範囲で自由貿易区の創新政策と経験の実行と普及するため、今年3月、上海自由貿易区管委会は第一回「制度創新十大経典サンプル企業」コンテストが開催された。組織の推薦又は企業の自薦で参加することができ、全区8万以上に企業に幅広くイベントの宣伝と参加者の募集を行った。 

今回選ばれた制度創新十大サンプル企業はプライスウォーターハウスクーパース(上海)有限会社、上海アルテミエ病院有限会社、上海百家合情報技術発展有限会社、上海暢聯国際物流有限公司、上海ロレアル国際貿易有限会社、上海元初サプライチェーン管理有限会社、上海自由貿易区国際文化投資発展有限会社、Sony China Career Portal、ゼネラル・エレクトリック(中国)有限会社と中国銀行株式会社上海自由貿易実験区支店である。 

改革創新サンプル企業は安靠(アムコア)封装測試上海有限公司、シティバンク(中国)有限会社上海支店、華領医薬技術(上海)有限会社、美安康品質試験技術(上海)有限会社、上海保険交易所株式会社と申能グループ財務有限会社を含む。 

現在まで、上海自由貿易実験区の新規登録企業は4.8万社に達し、正式公開前20年の合計を超えている。一カ月あたりの登録企業数は正式公開前の5倍であり、新登録企業の活性は80%を超える。新設企業のうち、外商投資企業が8781社、割合は正式公開初期の5%から現在の20%近くまで成長している。実際の外商投資額は167億ドルに達し、正式公開前20年合計の2倍である。

0