ホーム>生活関連

宝藤生物の医学創新研究院

上海浦東 2018-02-24

宝藤生物科技有限公司.jpeg

上海宝藤生物医薬科技股份有限公司

上海宝藤生物医薬科技股份有限公司(以下、「宝藤生物」)と海軍軍医大学附属長海医院、復旦大学附属崋山医院、上海交通大学附属第九人民医院など国内トップクラスの医療機構が共同で発起した上海張江医学創新研究院は、2017年年末に正式に設立しました。

2008年張江で設立した宝藤生物は、プレシジョン医学ビッグデータのリーディング企業であり、現在は17の子会社を所有しており、この医療機関の主力となったのは、前立腺がん、食道がんなど発症率と死亡率が高い疾病への治療です。

宝藤生物は、中国国内のトップクラスの科学者・研究者が集結し、基礎研究、臨床応用及び産業化に力を入れています。その上、医療技術研究の産業化を実現させるために、最先端医療技術のプラットフォームを打ち立て、また、複製可能で普及可能なプレシジョン医療の臨床応用・創新システムをも形成しよう努力しています。

宝藤生物は、上海張江医学創新研究院を、薬物、診断、治療、プレシジョン医療の臨床応用が一体している医療創新モデル基地とするという計画を。また、プレシジョン医療に携わっているリーディング会社と提携して、診断技術を革新し、医療のスマート化を加速しようと図っている。

同研究院は、今後定期的にプレシジョン医療技術に関するシンポジウムを開き、総合的で多分野の科学研究チームを結成し、診療の臨床技術を向上させ、自主イノベーション技術の応用と産業化を推進しようとしている。 


0