ホーム>重点開発エリア

浦東空港綜合保税区

2018-04-03

空港.jpg

浦東空港綜合保税区


浦東空港綜合保税区は2009年7月に国務院に批准設立され、その企画面積が3.59km2。当保税区は保税物流区域と空港西側の貨物輸送区一体化運作を実行、浦東空港アジア太平洋地区航空複合中枢港優勢を持っていて、上海空港サービス産業の発展リーダーであり、目前既に電子製品、医療器械、高級消費品等に関する全球知名多国籍会社空運配分センター及び融資賃貸項目(100項余)を導入、またUPS、DHL及びFedEx三急便配達会社が入駐、一部重点項目も起動したが、空港綜保区では次第に空運アジア太平洋地区配分センター、融資賃貸、急便中継センター、高級消費品保税販売等空港サービス産業チェーンを形成した。


0