ホーム>浦東情報

上海自貿区の制度革新成果は全国で普及

作者 杜暁駿 上海浦東 2018-09-11

2013年9月29日、中国(上海)自由貿易試験区は正式的に設立した。

ここ5年間、上海自貿区は一連の制度の革新成果を遂げ、幅広く全国で普及・複製を行った。

上海自贸555_副本.jpg

開放を拡大し続け

上海は率先して参入前の国民待遇とネガティブリスト管理制度を全面的に実施した。ネガティブリストは大幅に市場参入を緩和した。

2013年、上海自貿区は中国初の外資系企業の投資参入に関するネガティブリストを打ち出した。

2018年6月30日、2018版のネガティブリストが発表された。

四回の修正を経て、2013年版リストの190条は45条に減少されてきた。

同時に、上海自貿区は54の拡大開放の措置を打ち出した。そのうち、サービス業は37、製造業などの分野は17、より一層開放度を上げた。

2018年6月現在、54の拡大開放の措置のうち、32がすてに実施されており、そして累計入居した企業は2600社を上回った。

現在、上海自貿区には中国初の再保険ブローカー会社、中国初の合資道路運輸会社、中国初の独資ヨットデザイン会社、中国初の独資国際船舶管理会社などの会社がある。

1 2 3 4 >

0