ホーム>浦東情報

上海自貿区の制度革新成果は全国で普及

作者 杜暁駿 上海浦東 2018-09-11


上海自贸区00_副本.jpg

改革を積極的に推進

どのようにビジネス環境を最適化し、コストを抑えるのは上海自貿区が直面している課題である。

上海自貿区は国際の先進的な制度を学び、上海自貿区内の貨物、サービスなど様々な要素の自由流動を促す。

また上海自貿区設立後、税関と検査検疫などの部門は「先入区、後通関(まず上海自貿区に入り、後は通関申告を行い)」「一区登録・四区経営(上海外高橋保税区、外高橋保税物流パーク、洋山保税港区、上海浦東空港綜合保税区の四つの区域のいずれの一つで登録さえすれば、他の三つの税関特殊監督管理区域で新たに法人を設立する必要はない)」などの革新措置を打ち出して、通関の効率を大幅に向上させた。

2014年、上海国際貿易の「単一窓口」に関する初の試行プロジェクトがオンラインで試験的に開始された。税関、検査・検疫、出入国審査、海事局は共同で、船舶の出港許可電子情報をこの単一窓口に送信した。海事局は電子情報に基づき船舶の出港許可証を発行し、船舶の出港手続きの許可の一体化を実現し、法執行能力を高めた。

< 1 2 3 4 >

0