ホーム>浦東情報

上海自貿区の制度革新成果は全国で普及

作者 杜暁駿 上海浦東 2018-09-11


上海自贸区77_副本.jpg

革新と発展の成果を普及

五年間、上海自貿区の更なるレベルの開放と改革は上海の経済と社会発展のエンジンとなっている。

2018年6月末現在、上海自貿区が新設した外資系企業数は1万を超え、誘致した外資は230億ドルに達した。

上海自貿区は上海浦東の10分の1を占めているが、浦東の4分の3の生産高を創出し、浦東の輸出入の総額の7割を達成した。

上海自貿区はすでに100あまりの制度が全国に普及されている。

例えば、「証」と「照」の分離(審査・認可と商業登記の強制的順序をなくし、どちらからでも手続きができるようにすること)の試験的導入を広げている。

その上、「まず上海自貿区に入り、後は通関申告を行い」「ロットで輸出入品を集中的に申告する」などの貿易便利化の革新措置はすでに全国、長江、税関の特殊監督管理エリアで普及されつつある。


< 1 2 3 4

0