ホーム>イベント情報

第1回中国国際輸入博覧会が間もなく開催

2018-11-01

jinkou_副本.jpg

2018年11月5日、待望の第1回中国国際輸入博覧会が開催されることになります。

世界から注目を集めているこの博覧会についていくつかの基本情報をお届けします。 

中国国際輸入博覧会について

2017年5月、中国の習近平国家主席は「一帯一路」国際協力サミットで、2018年から中国国際輸入博覧会を開催することを発表しました。

中国国際輸入博覧会の開催は、中国政府が打ち出した水準の高い対外開放の一環です。現在、中国の経済は急速な成長段階から高品質の発展へ進み、高い品質や特色のある商品やサービスへの需要が旺盛です。中国国際輸入博覧会は国際的な貿易協力のプラットフォームの構築を目指しています。

1.開催日と場所

答え:会期:2018年11月5日(月)~10日(土)

場所: 上海市青浦区崧沢大道333番 国家会議・展示センター(上海)

2.主催者と協力組織、運営者

答え: 中国国際輸入博覧会は中華人民共和国商務部と上海市人民政府が共催し、WTO、国連貿易開発会議、国連工業開発機関などの国際組織が協力し、中国国際輸入博覧局、国家会議・展示センター(上海)が運営するものです。

jinkou2_副本.jpg

3.中国国際輸入博覧会の規模はどのぐらいですか。

答え: 第1回中国国際輸入博覧会の総面積は24万㎡を超え、国家貿易投資総合展(3万㎡)と企業商業展(21万㎡)からなっています。会期中、第1回「虹橋国際貿易フォーラム」も開催され、そのフォーラムでは、需給ビジネスマッチングミーティング、業界シンポジウム、製品発表会など一連の専門的なイベントが行われます。中国を含む約100ヶ国と地域の会社の参加が期待できます。

4.国家貿易投資総合展について

答え: 国家貿易投資総合展の面積は約3万㎡であり、関連する国家と地域が招待されています。貿易、貨物、貿易サービス、産業の状況、観光への投資、各国の特色ある製品投資など貿易・投資分野の関連情報が展示されます。そのほか、第1回中国国際輸入博覧会の期間、中国政府は参加の各国に向けて無料で展覧場所を提供し、発展途上国、特に後発発展途上国に必要な援助とサポートを提供します。

5.企業商業展について

答え: 企業商業展は貿易貨物と貿易サービスに分かれます。貿易貨物展はおよそ18万㎡で、知能ハイエンド装備、消耗電化製品と家電、ウェアー・アクセサリーと日用消費財、自動車、食品と農産物、医療器械と医薬保健といった6つのコーナーが設けられます。貿易サービスの展示エリアはおよそ3万㎡で、新技術、サービスアウトソーシング、アイデア設計、文化教育、観光サービスといった5つのコーナーが開設されます。

6.この博覧会にはどのような注目すべきハイライトがあるでしょうか?

答え:この博覧会には4つの特徴があります。

第一に、中国市場は巨大で、消費も輸入も急速に増えています。中国は世界で最も人口が多く、世界第2の経済大国であり、第2位の輸入国と消費国でもあります。現在のところ、中国は消費規模が持続的に拡大する発展段階にあり、消費と輸入には巨大なポテンシャルがあります。今後5年で、中国の製品とサービスの輸入高は10兆ドルを超えると見込まれている。また中国は、世界各国の企業に中国の市場への進出を後押しします。

第二に、上海の優位性が際立っています。上海地区は長江デルタ経済区に位置し、地理的な優位性は明らかです。経済的な実力は依然として世界トップレベルで、サービス業も発達しています。上海港のコンテナの取扱量は、7年連続世界一であり、空港の旅客数も延べ1億人を超えています。フライトネットワークは全世界282の都市にカバーしています。

第三に、博覧会の規模は大きいです。第1回中国国際輸入博覧会にはおよそ100ヶ国と地域の企業が参加する見通し。

第四に、さまざまなイベントが同時進行で進められています。輸入博覧会の主催者は通関、検疫の検査などで必要な措置を取り、長期にわたりオンラインでワンストップの取引サービスを提供し、知的所有権の保護を強化して、出展者の権益を断固として保障しています。

jinkou3_副本.jpg

7.展示館について

答え: 国家会議・展示センター(上海)は上海虹橋のビジネス区の中心に位置し、虹橋の交通の中心地からは直線距離で1.5キロメートルほどです。道路、地下鉄、虹橋高速鉄道駅、虹橋空港など利用できます。国家会議・展示センター(上海)の総建築面積はおよそ150万㎡、現在のところ、世界でも面積が最大の会議・展示会用の建物です。展示館、商業センター、オフィスビル、ホテルが備わっています。中で50万㎡に及ぶ展示エリアがあり、それは40万㎡の室内ホールと10万㎡の屋外展示場です。各ホールの周辺には大きな会議スペースも設置されています。

8.近年、国家会議・展示センター(上海)で主催した展覧会に関して:

答え: 2015年来、面積が約470万㎡の国家会議・展示センター(上海)では、BRICS経済貿易閣僚会議などの重要なイベントのほか、100回ほど国際的に一流の展覧会も開催されてきました。その内2017年に70回近くの展覧会が行われました。年間世界各地からの来館者は約430万人にあがっています。主なイベントは、上海国際自動車工業展覧会、中国国際工業博覧会、THIS健康産業トップフォーラム、中国国際紡織生地・材料博覧会、中国国際ウェアー・アクセサリー博覧会、上海国際ファッション育児産業博覧会、中国(上海)の国際家具博覧会、上海国際自動車部品展覧会などです。

0