ホーム>浦東情報

上海・ロンドン市場の株式相互取引制度、正式に開始

作者 周鑑陽 上海浦東 2019-06-21

中国証券監督管理委員会と英金融行動監視機構(FCA)は17日、上海・ロンドン両証券取引所間の株式相互取引制度「滬倫通」の正式的開始を発表した。

同日、華泰証券株式有限公司が発行したグローバル預託証券(GDR)はロンドン証券取引所で正式に取引を始め、「滬倫通」の欧洲進出における実質的な一歩を踏み出した。

中国証券監督管理委員会は、「滬倫通」の開始は中国資本市場の改革開放における重要な模索でありながら、金融分野の中英間提携の重要な内容でもある。同制度は双方向のクロースボーダー投融資ルートを広げ、中英両国の資本市場発展を促進し、上海の国際金融センター建設を助力し、意味深い影響を及ぼすと表明した。 

また、中英監督管理機構は「上海・ロンドン市場相互接続メカニズム監督管理提携了解覚書」に調印し、共同に「滬倫通」のクロースボーダー証券取引の監督管理を展開するという。

0