ホーム>浦東情報

ベルギー経済貿易代表団は臨港新片区を訪問

上海浦東 2019-11-28

21日、ベルギーの政府、企業、高等教育機関などの代表者で構成された経済貿易代表団は臨港新片区を訪問した。臨港グループはベルギーからの客人たちを迎え、双方はこれからの協力分野やプロジェクトの展開について話し合い、新片区のビジネス環境、技術提携、人文・教育などに関する交流を行った。

代表団は国際イノベーション協同展示ホール、臨港スマートIoV(クルマのインターネット)閉鎖型テストエリア、データセンターなどを見学し、新片区内のハイテク企業とも交流した。代表団は新片区との協力の意欲を表し、中白・中欧の間に橋を架けようと表明した。

2018年10月と11月、臨港グループはそれぞれベルギーのぜーブルッヘ港務局、ベルギー王国ブルッヘ大学応用科学院との間で戦略提携協定を締結し、ベルギーとの協力関係を発展してきた。

0