ホーム>浦東情報

上海、新たな企業活動再開ガイダンスを発表 一般企業は登録不要

上海浦東 2020-03-23

16日、上海市経済・信息(情報)化委員会より、上海市内企業の活動再開を支援するため、上海市新型肺炎予防・抑制リーダーグループは「本市における企業活動再開の登録作業規則改正に関する通知」(以下「通知」と略す)を作成したことが伝えられた。「通知」は、一部の経営活動を除き、上海市の工業や商業企業及び個人経営商店は登録不要で活動再開できることを明確にした。

この前発表された「本市における企業活動再開の更なる合理的推進に関する通知」と比べて、今回の「通知」は3つの点から企業活動再開の条件を緩めた。まず、一般企業は登録不要で活動再開できる。次に、ウイルス集団感染のリスクがあるごく一部の経営活動が制限され、その数は大幅に減少する。また、市民の生活に関した、ゲーム、ネットカフェ、スポーツなどのレジャー提供業者は登録不要で営業再開できる。劇場など、大勢の人が集まる場所は許可を得てから営業再開できる。

 現時点で、上海市一定規模以上の工業企業、ショッピングモール、物流業界などはほぼ100%活動再開し、図書館をはじめとする公共施設や観光スポットもウイルス感染収束次第に営業を再開するという。

上海市はこれからもウイルス対策を励行しながら、各種企業の活動再開と都市の正常化を促していく。

2.jpg

上海のある工場の活動再開後の様子 写真・新華網

0