ホーム>イベント情報

商務部「第3回輸入博は11月5月から10日まで上海において開催」

上海浦東 2020-05-20

新型肺炎が経済、貿易に悪影響を及ぼしたが、18日に行われた国務院新聞弁公室記者会見に出席した王炳南商務部副部長は、第3回輸入博は11月5日から10日まで上海において開催され、成約済の展示場面積は前年同期を上回っていると伝えた。

「従来の輸入博より規模を拡大し、クオリティをも向上させる」。王炳南商務部副部長によると、第3回輸入博の構成は前回や前々回と大体同じで、国家総合展、企業商業展、虹橋国際経済フォーラムという3つの部分がある。

一方、今回の博覧会には新しい展示テーマも登場する。「グローバル経済の新しい発展とニーズに応じ、今年は公共衛生防疫、省エネ・エコ、スマート交通などのテーマが設置されている」。

紹介によると、公共衛生の分野では各業界大手やフォーチュン・グローバル500企業計30社以上が出展を申し込んでおり、そこで成約済の展示場面積は5000平方メートルを超えている。

「周密な計画を立て、厳重なウイルス対策を講じる」と王炳南商務部副部長。

u=1710142022,1472668249&fm=173&app=49&f=JPEG.jpg

輸入博が開催されてきた上海国家会展センター 写真・新華網

0