ホーム>イベント情報

浦東恵南鎮第2回フルーツ祭り開催!

上海浦東 2020-06-29

U815P939T4D77764F15DT20200627194838.jpg

写真・中国新聞網

25日、第2回「恵南フルーツ祭り」開会式及び「南匯8424スイカ」浦東導入30周年記念活動が開催された。8424スイカは1984年に品種改良により開発され、その薄い皮と爽やかな甘みが高く評判され、市民の中に人気がある「スイカのキング」ともいわれる。

当日の活動に出席した、管小軍・浦東新区副区長は、今年は浦東開発開放30周年と「南匯8424スイカ」浦東導入30周年が重なり、この30年間、代々農業に携わる者の奮闘や開拓者精神により、浦東の現代化農業が大いなる発展の成果を収めたと指摘した。

今後、上海は国際化大都市という位置づけに相応したグリーンな現代化農業の発展に力を入れ、浦東在来農業のパターン転換、量より質と効率を重視し、浦東の農業体系を改善し、健全・迅速な農業発展をはかる、と管小軍副区長が付け加えた。

浦東恵南鎮エリアの面積は65.78平方キロメートルに達し、その内、農村エリアは45平方キロメートルで、全体の約6割を占めているという。潘秀紅・恵南鎮党委書記は、上海郊外の都市・農村一体化発展示範鎮として、恵南鎮は農業において従来の優位性を活かし、農村観光産業の成長をはかり、持続可能な発展の道を探していくと話した。

長年にわたる努力の結果、恵南鎮は多くのフルーツ優良品種を積み上げてきた。特に8424スイカは、上海の良質スイカコンテストや中国農業博覧会で何度も金賞を受賞し、浦東農業の「看板」となっている。潘秀紅恵南鎮党委書記によると、これから恵南鎮はハイクオリティの農業と農村観光業を作り、上海田舎の魅力をアピールする。

0