ホーム>浦東情報

杭迎偉区長「オープン、浦東の生まれつきの使命と特徴である」

上海浦東 2020-11-04

640.webp.jpg

写真・上観新聞

11月1日、浦東開発・開放30周年記者会見に出席した杭迎偉区長は、「オープン、浦東の生まれつきの使命と特徴である」と伝えた。近年、浦東は自由貿易試験区・臨港新片区建設の牽引作用を発揮し、開放をレベルアップさせ、全面的でオープンな「窓口」を構築する。

自由貿易試験区発足以来、浦東新区は制度革新を中心に、最高レベルを要請し、投資・貿易・金融・事中事後監督管理などの分野において制度体系を構築し、外商投資ネガティブリスト、国際貿易「単一窓口」などの制度イノベーションを創出し、328項目の革新成果を全国まで複製し押し広めた。

浦東は国際的で一流なビジネス環境づくりに焦点を当て、「放管服」改革を深化させ、企業の獲得感と満足度を上げた。「証照分離」改革を率先して打ち出した上で、「一業一証」モデル事業の展開を模索し、プロセスの再構築を全面的に実行し、各種企業手続きにかかる時間を縮めた。

また、浦東は科学研究施設の建設を全力で推進しており、現存と建設中の科学研究施設は10カ所で、世界的な科学研究施設群が形成するという。目下、浦東は「中国チップ」・「革新薬」・「インテリジェント製造」・「ブルースカイドリーム」(航空産業)・「未来車」・「データハーバー」という6つのハードコア産業に力を入れ、「5大倍増行動」を全力で実施し、産業規模を拡大させていくという。

0