ホーム>浦東情報

第3回輸入博、浦東に新たな発展を

上海浦東 2020-11-12

VCG211189010766.jpg

写真・VCG

10日、第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)が閉幕した。浦東開発・開放30周年にあたり、輸入博はこのエリアに新たなチャンスをもたらした。

第3回輸入博に出展した乳製品メーカー、フォンテラが展示した新品がたくさんあった。その内、一部は浦東金橋にあるフォンテラの上海イノベーションセンターによって開発された。フォンテラによると、中国は同社にとっての発展の最も速くて最も重要な市場であり、世界の約1/4の売上を生み出した。フォンテラは今年の輸入博で、複数の中国企業との間で戦略協力を結び、さらに中国市場で事業を展開していくという。「輸入博は我々の実力を見せるチャンスだけではなく、会社が中国に深く根ざしたくて中国市場を信頼している証でもある」とフォンテラのある責任者は伝えた。

三年連続で輸入博に出展した化粧品会社、ロレアルも金橋において中国研究開発・イノベーションセンターを設置した。目下、このセンターはロレアルがアジア太平洋地域で設置した最も中心的な業務拠点となっている。

第3回輸入博に参加した3000社以上の出展者の中の複数は浦東に進出し、そして中国全土に投資する歩みを急いでいる。11月7日、輸入博の出展者である栄養品メーカー、ワイスは大中華地域統括会社を浦東に移転させ、浦東の経済発展に助力しようとした。ワイスは、中国に進出して30年以来、この重要な時期で、会社は中国のビジネス環境向上に協力し、中国の消費者がベビー用品に対するニーズに応えるという。

0