ホーム>浦東情報

浦東新区、「ゼロ書類」の政務サービスを提供

上海浦東 2021-03-19

VCG111307669255.jpg

写真・VCG

このほど、浦東企業サービスセンターの商事登録向けの総合窓口において、人工知能を使用した革新的な政務サービスモデル、「政務智能弁」が全面的に実施され、企業にとってよくある手続きの場合、「ゼロ書類」の申告が実現し、「オンラインワンストップ化の手続き」が更に的を射た効率的で便利なものとなっている。

今年2月末までのデータによると、浦東新区の「政務智能弁」は計3762社にサービスを提供し、1回で審査に合格した企業は全体の98%を占めた。

「この前に会社情報変更の手続きをした経験がなかったため、事前に問い合わせしようと思ったものだ」。昨日、ある企業責任者は自動的に作成された申告資料を使ってわずか10分で企業住所と経営範囲の情報変更手続きを済ませ、「政務智能弁」の便利さに驚いた。浦東企業サービスセンターの黄海霞副主任は、従来の審査は長く時間をかかったことに対し、浦東は根本的に審査が難しくて煩わしいという問題を解決したと伝えた。

国内企業による経営範囲変更手続きを一例として、企業は本来51項目が入力必要となる3つの書類を提出しなければならなかった。現在では、「政務智能弁」を利用すると、経営範囲の確認が完成する次第に手続きが終わるという。

「政務智能弁」モデルは、政府は企業のニーズを考えながら政務サービスを改善し、政府審査からユーザーのニーズへと中心を変更した理念を示した、と黄海霞副主任。

0