ホーム>浦東情報

第4回輸入博の輸入特殊食品に「6日間」の臨時許可証発行

上海浦東 2021-10-11

FOREIGN202109301520000264420546654.jpg

上海市市場監督管理局は29日、第4回中国国際輸入博覧会に出展するため輸入される特殊な食品について、有効期間「6日間」の臨時許可証を発行し、乳児用調整粉乳、特殊医療用途調整食品(FSMP)、サプリメントを全面的にカバーすることを明らかにした。中国新聞網が伝えた。

輸入特殊食品臨時許可証は税関の特殊監督管理区域または保税物流センター(B型)で有効期間を6ヶ月まで延長される。輸入博に出展される輸入特殊食品は優先的に域外での検査を実施し、輸入登録・審査・許可のペースを速め、1年いつでも中国市場で円滑に供給できるようにする。出展企業が輸入特殊食品の臨時許可を申請し手続きする場合は、輸入博開催に先立って同局に申請を行い、電子文書の形で申請書類を提出すればよい。同局は2021年の10月9日から11月4日まで申請を受け付けるとしている。

商務部(省)の越境EC管理の関連規定によると、輸入博に出展される輸入特殊食品は個人用の物品に対する管理を適用し、消費者は輸入博の会場で越境ECプラットフォームを通じて注文・購入できるが、会場での商品の引き渡し、取り引き、試食はできない。製品の安全リスクについては、越境ECの関連規定に基づいて対応するという。

出典:「第4回輸入博の輸入特殊食品に「6日間」の臨時許可証発行」(人民網日本語版)

0